大人女子のためのWebメディア
検索
2014年10月10日更新

ムダ毛処理時の10の心得

お肌のカミソリ負けによる湿疹や切り傷にはサヨナラしたいですよね! そこでムダ毛を剃る時の10のタブーと正しいむだ毛処理のアドバイスを紹介致します。でもこんなに多くカミソリを使うと肌が乾燥して傷つく原因になります。本当に必要な時に必要な部分だけカミソリを使い処理しましょう。

お肌のカミソリ負けによる湿疹や切り傷にはサヨナラしたいですよね!

そこでムダ毛を剃る時の10のタブーと正しいむだ毛処理のアドバイスを紹介致します。

むだ毛処理時の心得

 

1.新しいカミソリの刃を使う時にはゆっくりと歯を刃を動かしましょう。

これは当たり前のことですね。

でも新しいカミソリの刃を使用する時に気を付けない人もいるのです。

新しいカミソリの刃は処分した古い刃よりもずっと鋭くなっています。

ですから新しい刃でムダ毛を処理する場合はゆっくりと刃を動かしましょう。

そして膝や足首といった肉付きが良くない部分では特に注意が必要です。

 

2.カミソリの刃の交換をまめにしましょう。

カミソリの刃が切れなくなってきたら新しいものに替えるべきです。

長い間同じ刃を使用していると切れ味が鈍くなり細菌も繁殖していますし

肌への負担も増えます。

だいたい10回の使用をめどに交換しましょう。

 

3.カミソリの共同使用は絶対に避けましょう。

カミソリを他人と共用している人がいますがこれはすごく不衛生。

もし下の方の毛を処理するのに使用して肌を傷つけたりしたら、、。

ある種のカミソリはムダ毛を処理するのには適していません。

例えば多機能的なデザインを持つ男性のひげ剃り用カミソリでムダ毛処理の処理をすると、お肌を傷つける可能性が高くなります。

 

4.すぐにムダ毛の処理をしないこと。

シャワーを浴びる時にはムダ毛を剃るのは一番最後にしましょう。

なぜならば暖かいお湯を浴びて2、3分たつと毛が柔らかくなり毛穴も開くからです。

このような状態だとムダ毛処理が簡単になります。

 

5.適度なピーリングがおすすめ。

定期的なピーリングは適切な育毛を促進して毛が皮膚の内側に埋もれるのを防止できます。

ムダ毛のお手入れの合間に週1、2回ピーリングをしましょう。

 

6.乾いた肌のままでムダ毛を剃らない。

多くの人がこの経験をお持ちのはず。

でも乾燥した肌にカミソリを当てるのはお肌にとってはとても罪なことです。

カミソリ負けを避けるためにはお肌が湿っていることが大切です。

乾いたままのお肌へカミソリを当てるのは絶対に止めましょう。

 

7.石鹸ではなく、シェービングクリームを使いましょう。

ムダ毛処理の時に石鹸を使うのは間違いです。

お肌の上をカミソリの刃がなめらかに滑るために石鹸では不十分です。

また石鹸はカミソリの刃を詰まらせる原因にもなります。

しかしヘアコンディショナーにはシェービングクリームやオイルと同じ効果があるのでおすすめできます。

 

8.ムダ毛処理の間にカミソリをすすぎましょう。

数回カミソリをあてる度にぬるま湯でカミソリの刃をすすぐことで、カミソリの刃詰まりを防げます。刃が詰まっているとお肌を傷つける確立が高くなり危険です。

 

9.電気カミソリは毛が皮膚に埋もれる原因にも。

きちんとムダ毛を処理したいならば昔からある普通のカミソリを使用しましょう。

このタイプのカミソリは古い角質を落としてくれるので毛が皮膚に埋もれるのを防止できます。

しかし電気カミソリでは回転式の刃が毛を平らにしてしまうので逆の効果があり、適切な育毛には適していません。

つまり毛が皮膚に埋もれてしまう可能性が大きいのです。

 

10.ワキのムダ毛を処理しすぎないこと。

女性はワキの一回のムダ毛の処理に平均すると10回程カミソリをあてるそうです。

これは想像以上の回数です。

でもこんなに多くカミソリを使うと肌が乾燥して傷つく原因になります。

本当に必要な時に必要な部分だけカミソリを使い処理しましょう。

 

参照元: cosmopolitan

 

※関連する記事


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。