大人女子のためのWebメディア
検索

上手な油の摂り方

ココナッツオイルブームで、いろいろ活用されていますね。油(脂質)はエネルギー源であり、ホルモンや細胞膜生成など生命活動に関わりの深い大事なもの。加工する工程が多くなるほど、添加物の使用が多くなります。原材料や圧搾方法が明確で、遺伝子組み換えの食品不使用のものを選びましょう。 
ad51deb3

~上手な油の摂り方〜

 

ココナッツオイルブームで、いろいろ活用されていますね。

油(脂質)はエネルギー源であり、ホルモンや細胞膜生成など生命活動に関わりの深い大事なもの。

脳の機能とも関連しており、脂質が不足するとイライラしたり、ストレスに弱くなり、免疫を低下させます。アンチエイジング効果や美肌効果もあり、美容にも欠かせない食材です。

 

olfoto

 

 

 

 

脂肪酸の種類

 

 

 

油の成分である脂肪酸には、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があります。

 

飽和脂肪酸(長鎖脂肪酸)

⇒ラード、牛脂(摂り過ぎると脂肪となり、体内に溜まり動脈硬化の原因に)

 

飽和脂肪酸(中鎖脂肪酸)

⇒ココナッツオイル、ヤシ油(摂取後すぐに肝臓に運ばれ、エネルギーに分解され蓄積されにくい。)

 

一価不飽和脂肪酸(オレイン酸)オメガ9系

⇒オリーブ油、菜種油(酸化されにくく、コレステロールを上げにくい。)

 

多価不飽和脂肪酸(リノール酸)オメガ6系

⇒紅花油、大豆油、コーン油(酸化しやすく、加熱にむいていない。摂り過ぎるとアレルギー症状を招きます。)

 

多価不飽和脂肪酸(α-リノレン酸)オメガ3系

⇒青魚、亜麻仁油、エゴマ油、クルミ、緑黄色野菜、豆類など。(体内でEPA、DHAに変化。血液をサラサラにし、中性脂肪を低下させます。細胞が上手く機能する為に不可欠です。)

 

*マーガリンやショートニングに含まれるトランス型脂肪酸は、LDL(悪玉)コレステロールを増加させ、心筋梗塞を招く一因となります。

マーガリンより、良質なバターを適量摂取する方が良いでしょう。

 

*現代の食生活は、リノール酸過多になっており、オメガ3系が不足しがちです。

血液の浄化作用があるので、アトピー性皮膚炎や喘息、婦人科系の疾患にも有効と言われています。

オメガ3系は酸化しやすいので開封後は、要冷蔵で早めに使い切りましょう。

 

*ココナッツオイルは、飽和脂肪酸なので、不飽和脂肪酸の油も意識的に摂取しましょう。

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸をバランス良く摂取する事が大切です。

 

*食物の中には見えない油沢山ありますので、調理で使用するには大さじ1~2杯が目安です。

 

 

油の選び方

 

・加工する工程が多くなるほど、添加物の使用が多くなります。

原材料や圧搾方法が明確で、遺伝子組み換えの食品不使用のものを選びましょう。    

・酸化した油は身体にとって良くありません。エキストラバージンオイルは、酸化度が低く高品質です。

 

※関連する記事


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。