大人女子のためのWebメディア
検索

ナチュラルケア 生姜編

生姜は、胃腸を温め、食欲を増進し、風邪の初期症状を緩和する作用があります。 食中毒を予防するので、これからの季節に意識して取り入れたい食材の一つです。

ad51deb3

~ナチュラルケア 生姜編~

 

生姜は、胃腸を温め、食欲を増進し、風邪の初期症状を緩和する作用があります。

食中毒を予防するので、これからの季節に意識して取り入れたい食材の一つです。
(刺激が強いので胃弱の方は、一度に沢山摂りすぎない様にしましょう。)
スクリーンショット 2014-06-11 16.53.24
 
生の生姜に含まれている辛み成分ジンゲロールは、殺菌作用、抗酸化作用があり、免疫力を高めてくれます。
使用する直前にすりおろすのが良いのですが、「生姜の蜂蜜漬け」にしておくと便利です。
皮つきの生姜をスライスし、蜂蜜に漬けます。
蜂蜜には酸化を防ぐ他、腸の善玉菌を増やし、解毒作用、免疫力を高める作用があります。(1歳未満児に蜂蜜の使用は控えましょう。)
 
水や炭酸水で割ってハーブやレモン汁を加えればジンジャーエール風になります。
お好みの蜂蜜で風味を楽しんだり、マヌカハニーなど効能の高い蜂蜜を使用したり、スパイスを加えても良いでしょう。
DSC_0036_2
紅茶やハーブティーに加えたり、お料理などに使用し熱が加わると、ジンゲロールの作用がなくなり、蜂蜜は60度以上になると風味や酵素の働きが失われますが、ジンゲロールがショウガオールに変化し身体を温める作用が高くなります。
 
血行が悪く、首こり、肩こり、神経痛などの痛みには、皮つきのまますりおろした生姜汁に同量のごま油を合わせた「生姜油」を擦り込むようにマッサージすると症状が緩和されます。
ごま油の香りが気になる方は、椿油でも可能です。
 
次回は、心のストレス解消法についてご紹介します。
 

( Photo by theyummybits /seasonwithspice )


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。