大人女子のためのWebメディア
検索

ダイエット中のお酒は本当にNG?太らないお酒の飲み方

ダイエット中のお酒はダメ!これは、医師やボディーコントロールの専門家をはじめ、ダイエッターの中でもほぼ常識ですよね。 でも、お酒が好き人にとっては、完全にお酒を絶つことはなかなか至難の業。 醸造酒(ビール、日本酒、ワインなど)よりは、蒸留酒(焼酎、ウィスキー、ウォッカ、ラムなど)を選ぶ

ダイエット中のお酒はダメ

ダイエット中のお酒はダメ!
これは、医師やボディーコントロールの専門家をはじめ、ダイエッターの中でもほぼ常識ですよね。

でも、お酒が好き人にとっては、完全にお酒を絶つことはなかなか至難の業。

仕事上、必要なお付き合いもあるし、友だちからの飲みのお誘いをダイエット中だからと断るのは難しい(寂しい)です。

 ムリにやめればストレスにもなってしまうし…。
 

でも本当に、お酒=太るなのでしょうか?

 

何故、お酒がダイエットに良くないの?

ダイエット中のお酒はダメ._6

 

それは、糖質(炭水化物)を多く含むためです。

最近では、体型や血糖値を気にする人のために「糖質0」の発泡酒もよく見かけますよね。

実際のところ、お酒のカロリーを構成するものは、糖質以外にもアルコールとタンパク質があります。
これらの中で、アルコールによるカロリーは、「エンプティーカロリー」と呼ばれ、体に蓄積されないとされていて、(量などによりまったく蓄積されないワケではないので注意)

お酒の実質的なカロリーは、炭水化物とタンパク質(共に4kcal/1g)です。

 

ビール・日本酒より、焼酎・ウイスキーが太らない

ダイエット中のお酒はダメ._3jpg

例えば、

日本酒の場合、100gでタンパク質と炭水化物を合計4~5.5g程度含んでいて、日本酒を飲んだ場合の摂取カロリーは、100gで16~22kcalです。

 

これが、 

ビール100gの場合、14~22kcal、

ワイン100gの場合、8~16kcal、

ウイスキーや焼酎(蒸留酒)の場合は、0kcal

になります。

 

蒸留酒にカロリーがないのは、ビールなど醸造酒との製造方法の違いにより、タンパク質も糖質を含んでいないからです。

イエット中のお酒には蒸留酒がオススメ!ということです。

 

 

おつまみには、豆・肉・魚など、たんぱく質中心に代謝UP

ダイエット中のお酒はダメ._2jpg

お酒はそこまでカロリーが高くないことがわかりましたが、

問題なのは、お酒を飲むことによって、体が満腹感を感じにくくなり、つい食べ過ぎてしまうことです。

しかも、お酒に合うおつまみは油っこいものが多く、高カロリーになりがちです。

 

おつまみには、糖質やアルコールを分解、脂肪燃焼してくれるタンパク質を意識的に摂りましょう。

特に豆腐や枝豆など豆類がオススメです。お肉や魚介類などの動物性たんぱく質も脂肪燃焼には欠かせません。

 

赤身肉のステーキや、焼き鳥、焼き魚、お刺身、出し巻き卵などの動物性たんぱく質が豊富なメニューと、湯豆腐や枝豆、海藻サラダ、酢の物、チーズや納豆、漬け物など、大豆や大豆製品、植物性食品、海藻類、発酵食品を組み合わせるのがベストです。

 

無論、締めのデザートやラメーンは禁物です。

 

お酒を飲んだら同量のお水を飲む

お水

お酒を飲むと、アルコール分を代謝・排出するために大量の水分が必要になります。

もし、そのための水分が足りないと二日酔いや、飲酒の翌日のむくみの原因になってしまいます。また水が胃を守ってくれます。

お酒を飲む時はお水も用意し、お酒を飲んだら同じ量のお水を飲むようにしましょう。交互に飲めばペースも自然と落ち着き、飲み過ぎを防ぐことができます

 

・醸造酒(ビール、日本酒、ワインなど)よりは、蒸留酒(焼酎、ウィスキー、ウォッカ、ラムなど)を選ぶ

・お酒とお水は同量飲む

・揚げ物や脂分の多いおつまみは避け、豆・肉・魚など、たんぱく質中心に

 

この3つを守れば、ダイエット中でもお酒と上手に付き合うことができます。

 

参照:microdiet


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

コンテンツ制作会社勤務を経て、現在のライター業に。現実と理想の狭間に揺れる33歳。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。