大人女子のためのWebメディア
検索

炭水化物抜きダイエットをオススメしない理由

炭水化物抜きダイエットをオススメしない理由、お米は食べ方次第では実はダイエットに役立つものなのです。

ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社が、炭水化物抜きダイエットについて興味深い調査レポートを公開しました。

 
「炭水化物抜きダイエットをオススメしない理由」

根強い人気の「炭水化物抜きダイエット」。

炭水化物(を多く含む食べ物)と言ったらお米、パン、パスタ、麺類などがありますが、中でも特に日本人の主食であるお米(白米)を避けている人が多いようです。確かにお米はいかにも炭水化物の塊といった風情で、お腹にどっしり溜まる感がありますし、太りやすそうに思えます。

炭水化物抜きダイエット_0
お米の適量は、成人女性ならお茶碗1膳(150gほど)。

 

でも、お米は食べ方次第では実はダイエットに役立つものなのです。
美容や健康、ダイエットに不可欠ないわゆる「バランスの良い食事」には、お米は欠かせない存在でもあります。

まずお米の主成分である炭水化物は、ダイエットの敵とばかりに敬遠されがちですが、体には必要な成分です。

不足すると、疲れやすくなったり、集中力の低下などの症状が現れます。タンパク質も意外に多く、ご飯1膳分(150g)あたり3.75gが含まれます。

 

お米が食事バランスを整える
 
炭水化物抜きダイエット
 

タンパク質は体内に入るとアミノ酸に分解されるのですが、そのうちの9種類は体内で合成できない「必須アミノ酸」と呼ばれるもの。この必須アミノ酸の含有量(=アミノ酸バランス)は、食品によって異なります。
昔から日本で食べられてきたお米とみそ汁の組み合わせは、このアミノ酸バランスの観点で非常に優れています!

お互いに不足している種類の必須アミノ酸を補い合うことができるのです。

肉食ではなかった時代、日本人が体を維持できていたのは、お米と大豆のおかげと言ってもいいほど。

お米を食べることによって、食事全体のバランスを整える効果があるのです。

どんな食べ物でも適量というものがあります。お米の適量は、成人女性ならお茶碗1膳(150gほど)。おかわりや丼ぶり飯はもちろんNGです><
  

炭水化物ダイエットを成功させるポイント

炭水化物ダイエットをするのであれば、成功のポイントは夜の炭水化物を減らすこと。

睡眠中は、脳が日中のように活発に活動することがないので、エネルギーの消費量が少なくなります。
逆に、朝、昼は通常通りに食べたほうが脳に栄養が補給されるので、仕事も勉強も効率が落ちません!

 

詳しい説明はmicrodiet.netのレポートをご覧下さい。

http://microdiet.net/diet/000432.html 

※関連する記事


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

広告代理店、占いサイトなどの運営を経て、フリーで女性向けライフスタイル情報を発信しています。30、40代の女性が輝ける環境を作っていきたいと思います。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。