大人女子のためのWebメディア
検索
2014年07月15日更新

良質な睡眠に変えるのために効果的な6つの方法

MH photography (leminhhieu)

あなたは今の睡眠に満足していますか?

良質な睡眠にとってかわるものはありません。

今回は、womanitelyを参考に睡眠サイクルを変えるのために効果的な6つの方法を紹介してみたいと思います。

より快適な日々を過ごせますように。是非お試し下さい。

 

 

 

1. 夕食は軽めに

『王様のごとき朝食、お姫様のことき昼食、貧乏人のごとき夕食。』

この言葉には深い意味と人間の知恵が含まれています。

まず食事は時間をかけてゆっくりと食べるようにしましょう。

お腹が満腹の状態は睡眠不足の原因になります。

また軽いスナックなどは睡眠を誘ってくれますが、量が多すぎると消化機能の不調で覚醒状態の原因に。

そして夕方以降はカフェインを控えるのも大切です。

特にカフェインに敏感な人はカフェインを含む食事や飲み物で睡眠が妨げられてしまいます。

 

 

2. 徐々に変えていく

ストレスや睡眠の乱れを避けるために、睡眠のサイクルは徐々に変えていくことをおすすめします。

一番良いのは15分ずつ時間を変えていく方法です。

今より朝早く起きる必要がある場合には、15分ずつ早く寝るようにします。

すぐに眠れない時は何かリラックスできることをしてみましょう。

例えば入浴は良いリラックス方法のひとつです。

この習慣を実行すれば数日後には新しい睡眠サイクルに慣れ、快適に感じられるでしょう。

 

 

3.寝室を整える

人間の体は明るさや暗さに影響されるもの。

朝の光は新しい1日がスタートすることを私たちの体に知らせてくれます。

また医師たちは睡眠のためにまず寝室を暗くしなさいとアドバイスをしてくれます。

ですから夕方になったら明かりを調節するようにして下さい。

体の持つ本来の機能を妨げたり、覚醒の原因となるのがブルーライト。

そのブルーライトを避けるためにも、暗くなったら寝室にあるコンピューターやテレビ等の光を放出する機器類のスイッチはオフに。

また安眠のためにカーテンやブラインドを閉めることも忘れないで下さいね。

 

 

4.一貫性を持つ

睡眠サイクルを変えるのには、やはり一貫性を持つことが一番効果的なようです。

いつも規則正しく決められた時間に寝起きすることがとても重要です。

土曜日は例外にしてもOKですが、日曜日にはまたいつもの規則正しいリズムに戻しましょう。

これを実行すれば体は新しいリズムに慣れるはずです。

 

 

5.追いつめない

あらゆる努力をして眠ろうとしても寝返りをうつばかりで眠れない。

そんな時はベッドから出て昼間時間がなくて出来なかったことをしてみましょう。

『眠らなくては』と自分を追いつめるのはタブーです。

眠くなるまでストレスにならないようなことで暇つぶしをしましょう。

ただし30分間後にはまたベットに戻るようにして下さい。

 

 

 

6.目覚まし時計のスヌーズ機能のボタンを押さない

『あと5分だけ寝ていたい。』

そんな朝の欲望を誰もが味わったことがあるはずです。

しかしその5分は何の役にも立ちません。

この『あと5分』は10分または30分と伸びて結局遅刻するだけです。

このようなストレスの中でスタートした1日は良い日にはならないはず。

そこで目覚まし時計のスヌーズ機能を止めないための方法をについて紹介します。

効果が高い方法がベッドから抜け出さないと目覚まし時計のボタンを押せないようにすること。

つまり目覚まし時計を離れた場所に置けば良いのです。

 

 

 

私たちの体を癒し、リフレッシュや回復をさせてくれる良質な睡眠。

これは人生には必要不可欠なものです。

ここで紹介した睡眠スケジュールを変える方法がお役に立てば嬉しいです。

ところで、今までに睡眠サイクルに問題があった経験はありますか?その時はどんな対処をしましたか?

 

Photo by MH photography (leminhhieu)


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。