大人女子のためのWebメディア
検索
2017年10月24日更新

秋の養生法

一雨ごとに冷え込みを感じる様になり、少しずつ秋の深まりを感じます。 木の葉が枯れていくように、人の身体も水分が失われ乾燥し、肌や唇、髪の毛などがカサつき、鼻や喉がムズムズし、腸の水分も影響を受け便秘などの症状が出やすい時期になります。 ストレスを感じている方は、適度な運動や散歩をしたり、親しい方に会ってお話しし気分転換しましょう。美しく紅葉する木々を探しに出かけるのも良いですね。
ad51deb3

~秋の養生法〜
 

一雨ごとに冷え込みを感じる様になり、少しずつ秋の深まりを感じます。

 

kennymatic

 

木の葉が枯れていくように、人の身体も水分が失われ乾燥し、肌や唇、髪の毛などがカサつき、鼻や喉がムズムズし、腸の水分も影響を受け便秘などの症状が出やすい時期になります。

 

 

乾燥した空気に一番ダメージを受けやすいのは「肺」

 

肺は呼吸を支配し、全身の気を巡らせる役割を担っています。

肺の働きが悪くなると気管のトラブルの原因となり、風邪、咳、喘息、鼻づまりになりやすくなります。

外から帰ってきたら、うがい手洗いを必ず行いましょう。

うがいには、塩水や塩番茶(1%の塩分)を使用すると効果的ですし、塩水で行うインド式鼻うがいは、風邪予防と鼻や喉の詰まりをとるのにオススメです。

鼻のつまりがとれると頭もスッキリしますよ。

 

外界では、人からも影響を受けます。

負のものは、間接に溜まりやすいと言われるので、手首や肘までしっかり手洗いし、穢れ(けがれ)も落としましょう

部屋の湿度を60%に保ち、加湿器がない方は洗面器に濡れたタオルを置いたり、干すと良いでしょう。

すでに鼻や喉にダメージを感じている時はマスクで保湿し、ストールやマフラー、タートルネックの服などで首回りを保温しましょう。

 

メントール系やユーカリ、ティートリーなどのアロマを焚いたり、軟膏を胸や喉、鼻の下に塗るのも良いでしょう。

寒暖差が激しく身体が冷える時期でもありますから、免疫力を高める為にも身体を冷やさないようにしましょう。

特に首、お腹、足首からふくらはぎはしっかり防寒しましょう。

ストレスを感じている方は、適度な運動や散歩をしたり、親しい方に会ってお話しし気分転換しましょう。

美しく紅葉する木々を探しに出かけるのも良いですね。

自然と調和しながら逞しく生きている木から、パワフルなエネルギーと知恵を頂きましょう!

 

※関連する記事


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。