大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 脳梗塞は他人事じゃない!脳梗塞になりやすい人の特徴は?

脳梗塞は他人事じゃない!脳梗塞になりやすい人の特徴は?

脳梗塞は脳の血管が詰まり血流が止まってしまう病気です。中高年に多いメージがありますが若い世代にも起こりうる病気です。脳梗塞になりやすい人の特徴や、危ない前兆、予防法について知りましょう。
脳梗塞かかりやすい特徴

先日、タレントの磯野貴理子さんが脳梗塞で倒れたというニュースがありました。幸いにも家族の人が異変に気付いてくれたことで、早期に治療開始する事が出来たそうです。

脳梗塞は、脳の血管が詰まり、血流が止まってしまう病気です。

脳の血管に血液が流れなくなることにより、脳組織が酸素や栄養不足になり、手足のマヒや言語障害などさまざまな障害が起こります。

中高年に多いメージがありますが、若い世代にも起こりうる病気で、2013年にはテレビ東京の大橋未歩アナウンサーも34歳という若さで脳梗塞になりました。

他人事ではない病気です。脳梗塞になりやすい人の特徴や、危ない前兆、予防法について知っておきましょう。

1. 脳梗塞の前兆

脳梗塞になる前にはちょっとした症状が現れます。この症状はすぐにおさまることが多いようですが、このサインを見逃さないようにすることが大切です。

以下に厚生労働省がまとめたチェックポイントを引用します。

・からだの片側がしびれたり、手足に力が入らない

・足がもつれて歩けない

・話したいのに、急に言葉が出なくなる

・ろれつがまわらない

・人の言うことが一時的に理解できない

・ものが二重に見える

・片眼が見えなくなったり、視界の半分が見えない

・食べ物が一時的に飲み込めない

 

これらの症状が全部出るわけではなく、こうした症状は5分から15分で消える場合が多いそうです。

こういった症状があったら、早めに病院で看てもらいましょう。

2. 脳梗塞になりやすい人の特徴

次に、脳梗塞になりやすい人の特徴とは、どのようなものなのでしょうか?

・   家族や親族に脳梗塞で倒れた、もしくは亡くなった人がいる

・   お酒をたくさん飲む

・   たばこを吸っている

・   慢性的なストレス、睡眠不足がある

・   ゆっくり休めない

・   運動不足が続いている

・   味の濃い食べ物を好んで食べている

・   油っこい食べ物が好き

・   果物や野菜を食べず、お菓子やインスタントフードをたくさん食べる

・   太っている

・   脈がたまに乱れる

(厚生労働省のホームページより引用)

このチェックポイントにあてはまる項目が多い人は脳梗塞のリスクが高くなります。

他にも、高血圧や脂質異常症、糖尿病などの病気があると、脳梗塞のリスクが高まります。

3. 日常生活で注意すること

最も大切なことは高血圧を防ぐことです。

高血圧の予防には、

・食べ過ぎに注意する

・塩分控えめの食事

・カリウム(野菜や果物に多く含まれています)の摂取

・運動(少し汗ばむ程度の早歩きを毎日30分)

することが有効です。

アルコールは適量に、タバコは控えましょう。心にゆとりを持ちましょう。

毎日の生活習慣が良いか悪いかで、病気になるかならないかが大きく左右されます。

体に異変を感じている方や、不健康な生活習慣が続いている方は、生活習慣を見直し改善に取り組みましょう。

 

参考:厚生労働省 脳卒中HP


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

コンテンツ制作会社勤務を経て、現在のライター業に。現実と理想の狭間に揺れる33歳。
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 脳梗塞は他人事じゃない!脳梗塞になりやすい人の特徴は?
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。