大人女子のためのWebメディア
検索

ハーブで身体の中から美しく

シミやソバカスを防ぐには、紫外線や摩擦、傷などで起きる色素沈着を予防する事が大切です。 さらにハーブを上手に活用し、内側からケアしていきましょう。

ad51deb3

~ハーブで身体の中から美しく~

 

梅雨の晴れ間は嬉しい反面、紫外線が強いので、お肌への影響が気になります。

シミやソバカスを防ぐには、紫外線や摩擦、傷などで起きる色素沈着を予防する事が大切です。

さらにハーブを上手に活用し、内側からケアしていきましょう。

 

herbs explained

 

ハーブの香りは、気分をリフレッシュさせ、体内の気の巡りを良くしくれます

疲れている時や、暑くて食欲がない時にもおススメです。

メラニン色素の沈着を防ぎたい方は、ビタミンCをたっぷり摂るのが有効です。

新陳代謝を促し、皮膚、髪、粘膜を保護するビタミンA(緑黄食野菜、乳製品、卵黄)、老化防止、自律神経を安定させるあるビタミンE(種実類、良質の植物油、大豆、魚)も合わせて摂取するとさらに効果的です。

 

 

多量のビタミンCと有機酸を豊富に含むローズヒップは、神経のイライラを抑えるのにも効果的です。

 

 

rosehip

 

ローズヒップと相性が良く、疲労回復効果のあるハイビスカスと合わせたハーブティーを飲むのと良いでしょう。

酸味が気になる方は、はちみつを加えると飲みやすくなります。

 

 

若返りのハーブと言われるローズマリーは、抗酸化作用、発汗促進、鎮静作用があります。

フレッシュローズマリー1人分、枝先5㎝ぐらいをポットに入れ、お湯を注いでしばらく置きハーブティーにしたり、肉や魚の臭みけしや、香りづけとして使用します。火を入れた方が、さわやかな香りが引き立ちますが、茎の部分は香りが強いので、香りの淡い野菜などと合わせる時は、葉をしごいて使うと良いでしょう。

 

 

胃腸の調子を整える事は、美肌につながります。

バジルは、「健胃強壮の薬草」と称され食欲増進し、胃腸の働きや消化を促します。

鎮痛、頭痛緩和、抗酸化作用もあり、不眠にも有効とされています。

フレッシュバジルの葉の部分をサラダやパスタ、トマトソースに加えて使用します。

バジルが沢山ある時は、バジルの葉50g、松の実50g、にんにく1片、塩 小さじ1/2をミキサーかすり鉢ですり潰し、好みの固さになるまでオリーブオイルを加え、バジルソースにしましょう。

(お好みでパルメザンチーズを加える。)

フレッシュハーブが余ったら、お好みのビネガーやオイルに、にんにくや唐辛子と共に漬けておくとお料理に活用出来ます。

 

 

次回は、美しく健やかな水分の摂り方をテーマにご紹介します。

 

( Photo by veggieful.com/happy-blessing)


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。