大人女子のためのWebメディア
検索
2017年07月11日更新

夏の上手な汗のかき方

冷房の効いた中で生活して汗をかく機会が少なかったり、不規則な生活やストレス、動物性脂質を多く摂る事などは、ベタベタした臭いの強い汗の原因になります。 ベタベタの汗をかいて老廃物を排出する事も大切ですが、続くようでしたら生活を見直ししてみましょう。

ad51deb3

~上手な汗のかき方~

 

夏は汗をかくと化粧が崩れるし、臭いも気になりますね。

汗をかく事で、体温調整を行っていますし、汗の状態は、心と身体のバロメーターになります。

健康的な汗は、サラサラして蒸発しやすく無臭と言われています。

 

lgf01a201306021200

 

冷房の効いた中で生活して汗をかく機会が少なかったり、不規則な生活やストレス、動物性脂質を多く摂る事などは、ベタベタした臭いの強い汗の原因になります。

ベタベタの汗をかいて老廃物を排出する事も大切ですが、続くようでしたら生活を見直ししてみましょう。

汗をかく事は、夏バテ予防やダイエット、美肌に繫がりますから過度に気にしすぎない事も大切です。

本格的な夏に向かう前にウォーキングや適度な運動をし、たっぷりと汗をかき汗腺を鍛えましょう。

とはいえ、お仕事などで電車や会社などで冷房の効いた涼しい場所に長時間いると汗をかく機会が少なく、逆に冷えを感じている方も多いのではないでしょうか?

 

女性の場合、足の冷えは子宮を冷やす事に繫がるので、しっかりとケアしましょう。

そんな時は、足首を回したり、足浴がおススメです。

足浴は洗面器に43度ぐらいの湯をはり、10~15分足をつけます。

汗腺は脳から遠くなるほど老化しやすいので、足浴やひじから手までを温める手浴は汗腺を鍛える事にも繫がります。

さらに発汗を促したい方は、フレッシュローズマリーやアロマオイルを加え、臭いを抑えたい時はお酢(クエン酸)を少量加え、継続して行うと良いでしょう。

汗をかきにくい人は、合わせて汗腺の機能を高める生姜を使用した飲み物を飲むと効果的です。

そして汗をかいた後は、冷房の冷たい風で汗を止めず、かききりましょう。

寝苦しい季節になりますが、入浴後に汗を出しきると、ほどよく体温が下がり、良質な睡眠と夜間のじっとりした寝汗を減らす事につながります。

次回は、夏の養生法をご紹介します。

 

参考:五味クリニックサイト


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。