大人女子のためのWebメディア
検索

朝1杯の白湯がもたらす驚きの美容効果!きれいな人はみんな飲んでいた

ただのぬるいお湯=白湯ですが、これを飲むことで内蔵が温まり、様々な嬉しい効果があります。・基礎代謝を上げ脂肪燃焼させる・デトックス効果・冷え性改善・便秘解消・むくみ解消・内臓の疲労回復など。また、入浴前に白湯一杯を飲むと、汗をかきやすくなり、デトックス効果があります。

白湯_2

白湯とは「飲むことを目的とし、お湯をぬるく冷ましたもの」。

赤ちゃんや体の弱っている人が飲むものというイメージがある人も多いと思いますが、有名女優やモデルたちをはじめとし、美容の為に取り入れる人が増えてきています。

実際、インドの伝承医学アーユルヴェーダでは、白湯は「バランスの取れた消化剤」として大変重宝されていて、日常的に飲まれています。

 

白湯の驚くべき効能
白湯

 ただのぬるいお湯=白湯ですが、これを飲むことで内蔵が温まり、様々な嬉しい効果があります。

 

・基礎代謝を上げ脂肪燃焼させる

内臓機能が温められ基礎代謝が良くなり、脂肪燃焼効果が高まります。
内臓温度が1度上がると、基礎代謝は10~12%良くなると言われています。

 

・デトックス効果

内臓機能が温まり活発になると、消化作用が促進され、老廃物を排出する効果が高まります。

 

・冷え性改善

白湯を飲むことで胃や腸が温まり、新陳代謝が上がり、体に熱が作られます。

冷え症の人や、夏に冷たい飲食やクーラーなどで体が冷えてしまっている人の冷え取りにも効果的です。

 

・便秘解消

老廃物の排出がスムーズになるので、便通がよくなります。

便秘が解消するということは、ポッコリお腹や肌荒れも改善できます。

 

・むくみ解消

血液やリンパの流れが良くなることで、体内に溜まった水分が尿として排出されやすくなります。

尿量アップによりトイレにいく回数が増えるので、むくみの解消効果があります。

 

・内臓の疲労回復

内臓が温まるので、弱た内臓の動きを活発化させます。

飲み過ぎ、食べ過ぎ、ストレスなどで、胃腸が弱っている人にオススメです。

 

白湯の作り方

白湯_3

出典:kanakana311

用意するものはヤカンとお水だけ。
(1)やかんに水を入れ、強火にかける。
(2)ブクブク沸騰したら、やかんのふたを取り、湯気が上がるようにする。
(3)火を弱め3〜10分間沸かし続ける。
(4)50℃前後の温度に冷まして、すするようにして時間をかけて飲みます。
※水道水でも構いません。
※ミネラルウォーターの場合は軟水を用意しましょう。
※換気扇はまわしておきましょう。
 
ポイントは、煮沸したらすぐに火を止めるのではなく、3分以上煮沸させること。こうすることで、塩素やカルキなどの余分な成分を飛ばすことができます。
 
白湯の飲み方
 効果的な温度は50℃
温度は50℃前後に冷まします。
人肌より少し熱めの50℃という温度は、体を温めるのに最適な温度だからだそうです。

 

ゆっくりすするように飲む

血行をよくするためにも、一気に飲まないで、時間をかけて少しずつ飲みながら体を温めます。

 

起床時
朝起きてすぐに1杯、100~150ccほどの量をゆっくりと飲みます。
睡眠中に失った水分の補給と、体を内側から温め代謝を上げる効果、腸を刺激してぜん動運動を促し便通を良くする効果もあります。

 

食事中

食事中の飲み物として白湯を飲みます。

量は100~150cc程度。食べた物の消化吸収を助ける作用があります。

 

就寝前

眠る前にも白湯をゆっくりと体に染み込ませましょう。量はやはり100~150cc程度。
副交感神経が優位になりリラックスできるので、質の良い眠りが得られます。

 

より効果を求める人は、朝昼晩にコップ1杯ずつ飲むといいですが、飲み過ぎると毒素だけでなく栄養素も流れてしまうので、一日コップ4杯以下(800ml)にしましょう。

また、入浴前に白湯一杯を飲むと、汗をかきやすくなり、デトックス効果があります。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

コンテンツ制作会社勤務を経て、現在のライター業に。現実と理想の狭間に揺れる33歳。

この記事に関するキーワード

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。