大人女子のためのWebメディア
検索
2018年11月09日更新

冬に負けない体へ!冷え性を改善する食事と生活

冷え性,食事

立冬を迎え、寒さを感じることが増え、身体が冷えやすくなってきました。冷え性の方は、手足が冷たくなったり、腰や膝が痛んだりする他、倦怠感や不眠などの症状を引き起こす原因になりますので、注意が必要です。

冷え性の原因は、ストレスや不規則な生活による自律神経の不調や女性ホルモンの低下、筋肉量の低下や運動不足による血液循環の不良、貧血、栄養不足など様々な要因が関係していると考えられます。

1. 食事で冷え性を改善

冷え性を改善する食事と生活

 (1) ストレスや自律神経の不調による冷えには 

● 不足するとイライラ、神経伝達に重要な役割を持つカルシウム

小魚、海藻、乳製品、ひじき切干 大根などの乾物

 

● ストレスを感じると必要になるビタミンC

緑黄色野菜、柑橘類、れんこん、じゃが芋

 

● 自律神経をコントロールするビタミンA

緑黄色野菜、レバー、うなぎ、乳製品、卵黄

 (2) 血行不良による冷えには

● 身体を温める食べ物

牛肉、ラム肉、鶏肉、卵、海老、まぐろ、青背魚

 

● 身体を温めるハーブ&スパイス

唐辛子、柚子、生姜、シナモン

 

● 抗酸化作用の高いビタミンE

種実類、植物性油脂、大豆、卵、青背魚、米

 (3) 身体を温める調理法

生で食べるより、温野菜など温めて食べたり、温かい飲み物を飲んだり、片栗粉やくず粉などでトロミをつけて食べると、身体を温める作用が高くなります。

2. 冷え性を改善する生活

なんのために生きているの

 (1) 朝食を食べる

朝食をしっかり摂取する事で、体内時計のスイッチが入り、体温が上がります。パンよりご飯の方が体温が上がりやすくなるので、ご飯の方がおすすめです。炭水化物だでなく、たんぱく質や野菜などと組み合わせるとさらに良いでしょう。

 (2) 身体を動かす

適度な運動、ウォーキングやストレッチ、筋トレなどを取り入れ、血流を高めましょう。

 (3) 1日の終わりに入浴する

夜に入浴すると、身体が温まり、寝ている間の代謝が高まります。湯船に塩、生姜、柚子、よもぎなどを入れると身体を温める作用が高まりますし、リラックスの効果も期待できます。

 (4) 睡眠をしっかりとる

睡眠を5時間以上とると体温が1度上がると言われています。睡眠をしっかり取りましょう。

 (5) 首を温める

冷えを感じやすい方は、自律神経の通り道である首を防寒し、温める事を意識しましょう。首を温めると副交感神経が高まり、リラックス出来るので、入浴の際は湯船に首を付けるのもおススメです。

 

監修・文章/宮本そのみ(管理栄養士)


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。