大人女子のためのWebメディア
検索
2019年01月11日更新

お正月疲れの胃腸を癒す食と食事リズム

お正月疲れ胃腸画像

お正月は楽しく過ごせましたか?美味しいものを食べ過ぎて胃腸の疲れが出ている方もいらっしゃるかもしれませんね。お正月休みで乱れた食や食事リズムを整えて胃腸の疲れを解消していきましょう。

胃が重い方は

お正月疲れ胃腸画像1 胃はストレスの影響を受けやすく、胃液の出し過ぎによって胃の不調を感じる事があります。胃潰瘍など病気が潜んでいる場合がありますので、症状が続く際は病院を受診しましょう。

 (1) 胃の負担にならない消化の良いものを摂取する

やわらかく炊いたご飯、白身魚、豆 腐、卵など消化が良く、高たんぱくのもの

 

 (2) 消化を高める成分を含むものを摂取する

大根、キャベツ、胃液の分泌を助けるニラなど

 

 (3) 食欲を刺激する工夫をする

だしを効かせたり、ハーブや香辛料(生姜、唐辛 子、ターメリック、コリアンダー、シナモン、タラゴン、陳皮など)や酸味(梅干し、トマト、レモン)などを取り入れる

 

 (4) 胃の粘膜を丈夫にするビタミンCを摂取する

緑黄色野菜(ブロッコリー、小松菜、ほうれん草)、柑橘類、じゃが芋、れんこんなど

 

 (5) 胃の粘膜を保護する成分を含むものを摂取する

山芋、長芋、里芋、オクラ、れんこんなど

 

 (6) 胃の粘膜を保護するペクチンを摂取する

柑橘類、じゃがいも、人参、りんごなど

 

疲れた胃腸を労わる効果的な食べ合わせ

お正月疲れ胃腸画像2

酵素を多く含む生野菜や発酵食品から食べ始めると消化力が高まります。

 (1) 油っこいものを食べる時には

納豆、キムチ、味噌などの発酵食品は、脂質を分解するリパーゼを多く含むので、油っこいものを食べるときに合わせて摂ると良いでしょう。また、これらの働きを助けるニンニクやネギなどと合わせるとさらに効果的です。

揚げ物の付け合わせの定番、大根おろし、レモン、キャベツなどには、消化を促す酵素がたっぷり含まれていますので、合わせてしっかり頂きましょう。

 (2) 肉を食べる時は

キウイ、パイナップル、パパイア、しょうがなどは蛋白質を分解するプロテアーゼを含んでいるので肉を食べるときに合わせて摂ると良いでしょう。さらにこれらの働きを助けるカプサイシンを含む唐辛子やスパイス、ハーブなどと摂ると良いでしょう。

食事の時間を考え消化の負担を減らす

お正月疲れ胃腸画像3

夕食時間が遅く、食べた後にすぐ寝ると、就床後も胃が働き続ける事になり、体脂肪が蓄積されやすくなり、睡眠の質を妨げる原因となります。

夕食を早く済ませ、寝るまでに3時間空けると消化の負担がかからず、ダイエットの効果も期待できます。夕食時はホルモンの関係で、肉や油物の代謝が落ちる為、遅い時間に夕食を摂取する時は、それらを控えると良いでしょう。

 

食事と食事リズムを意識してお正月疲れの胃腸を癒やしていきましょう。

 

監修・文章/宮本そのみ(管理栄養士)


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。