大人女子のためのWebメディア
検索
2015年03月07日更新

生理前にできるニキビ・肌あれはどう治すべき?

皆さんは生理と上手に付き合えていますか? 生理に対してイヤなイメージを持っている人は非常に多いはず。特に生理前は、お肌がくすんだりニキビができたりとお肌の調子も悪くなり、気持ちがブルーになってしまうもの。生理前の肌荒れを防ぐためにはどうしたらいいのでしょうか。

皆さんは生理と上手に付き合えていますか?

生理に対してイヤなイメージを持っている人は非常に多いはず。特に生理前は、お肌がくすんだりニキビができたりとお肌の調子も悪くなり、気持ちがブルーになってしまうもの。生理前の肌荒れを防ぐためにはどうしたらいいのでしょうか。

生理前にできるニキビ肌あれ対処法

 

生理前のニキビは、ホルモンバランスが原因

女性の体に大きく影響しているのは女性ホルモンです。

そのうち、生理前に分泌される「黄体ホルモン(プロゲステロン)」は体の基礎体温を上げると同時に、皮脂を増やし、ニキビやシワ、肩凝りやストレスなどを引き起こします。普段の生活が不規則であったり、ストレスが強かったりすると、より多くの黄体ホルモンの影響が現れてしまいます。

その結果、PMSと呼ばれる月経前の体の不快感や肌の不調、精神不安定を引き起こしてしまうのです。

 

バリア機能が弱っているので、いつもよりもやさしいスキンケアを

生理前は、皮脂の分泌が増えます。そのためいつもよりも肌が脂っぽくなったり、ニキビが増えてしまうのです。

しかし、それと同時に生理前の肌はバリア機能が落ち、敏感な状態になっています。肌が脂っぽいからといってごしごしと洗顔をしてしまうと、肌トラブルの原因となってしまうのです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。