大人女子のためのWebメディア
検索
2015年03月13日更新

どこが違う?太っている人とやせている人の決定的な違い

よく、太っている人は「あまり食べてないのに太る」と言い、やせている人は逆に「よく食べる」と言っているのを耳にしませんか? 本当にそうなの!?と思ってしまいますが、確かに「やせの大食い」は存在します!でも、比率でいえば少数派。...

太っている人とやせている人の違い

よく、太っている人は「あまり食べてないのに太る」と言い、やせている人は逆に「よく食べる」と言っているのを耳にしませんか?

 

本当にそうなの!?と思ってしまいますが、確かに「やせの大食い」は存在します!でも、比率でいえば少数派。

なので、やせている人の「よく食べる」を鵜呑みにしてマネしていては、太る可能性が高いです。

 

“普通の量”に決定的な差が

 では一体どういうことかというと…

それは、“普通の量”の基準が、太っている人とやせている人では違うということ。

太っている人から見れば、やせている人の言う”普通の量”は少なく、太っている人の”普通の量”は、やせている人からすると、明らかに多いのです。

 

 
太っている人の食べ方の共通点

では、太っている人とやせている人では、食べ方に違いはあるのでしょうか? 

これは、食事のときにはっきりと現れます。

太っている人の特徴といえば、まず「一口で食べる量が多いこと」です。

大食いクイーンのギャル曽根ちゃんも大口でかなりの量をほうばっていますよね?

(彼女はやせの大食いですが)太っている人は、口を大きく開けて、食べ物を口いっぱいにほおばるのです。
しかも、噛む回数が少ない。


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。