大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 糖質オフダイエットが女子をブスにする!『私は「炭水化物」を食...

糖質オフダイエットが女子をブスにする!『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』

「炭水化物=太る」。そう思い込んで食べずにがまんしている女子のみなさん!炭水化物を目のかたきにすることなく、ごはんをもりもり食べてヘルシーに痩せられる方法があるのはご存知ですか? 『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました』は、ごはんの上手な摂りかたを<美穀ごはんプログラム>として提唱しています。著者プロフィール柴田 真希(しばた まき)
「炭水化物=太る」。
そう思い込んで食べずにがまんしている女子のみなさん!
炭水化物を目のかたきにすることなく、ごはんをもりもり食べてヘルシーに痩せられる方法があるのはご存知ですか?
 
『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました』は、ごはんの上手な摂りかたを<美穀ごはんプログラム>として提唱しています。
 

 

◆雑穀を賢く使えばハイブリッドごはんに早変わり!!

①ごはんの一部を雑穀に変えるだけで、エネルギー(カロリー)は変わらないのに、カラダを燃やしてくれるビタミン・ミネラルが豊富なごはんになる。
②食べる量を減らさないので、リバウンド知らず
③自然とよくかむようになる。

本書では、この「雑穀ごはん」を取り入れた5つの食事のルール“美穀ごはん”プログラムを提案していて、そのほかに太らない満腹おむすびや、むくみ改善スープ、デトックス効果抜群の作り置きおかずなど、乱れた食生活をリセットするおいしいレシピを紹介しています。

 

【美穀ごはんプログラム】

1. ごはんを「雑穀ごはん」にしましょう
白米だけの白いごはんは、代謝の悪い“燃えないごはん”です。

ビタミンやミネラルが豊富な雑穀を加えて“燃えるごはん”にしましょう
 
2. ごはんとおかずの割合は6:4にしましょう
おかずのとり過ぎが、じつは脂質や塩分のとり過ぎの原因になっています。
食事の6割を雑穀ごはんにして、エネルギーをきちんと燃やし、必要なだけのおかずをとるようにすれば、余分な脂質や塩分は自然に減っていきます。
 
3. 朝ごはんを食べましょう
朝食を取らない人は、ライフスタイルが乱れている可能性があります。
朝ごはんを食べて生活を整えましょう。雑穀ごはんと、具だくさんのみそ汁やスープを基本とした朝食をとることで体温が上がり、顔色もよくなり、仕事の効率もアップします。
 
4. よくかんで食べましょう
かむことには、たくさんの大切な要素が詰まっています。
脳に“満足サイン”を送って食べ過ぎを防いでくれますし、表情筋のエクササイズにもなります。ごはんを雑穀ごはんにすれば、かむ回数を数えたりしなくても、自然によくかむことができます。
 
5. 食事を楽しみましょう
食べることは、太ることでも、悪いことでもありません。
あなたのカラダを作り、キレイにしてくれるのは、あなたが食べるものです。五感のすべてを使って味、彩り、香り、音、食感を楽しみ、「おいしいな」と感じながら食事をしましょう。

糖質オフダイエットが女子をブスにする!『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』

 

■著者プロフィール

柴田 真希(しばた まき)

管理栄養士。㈱エミッシェ代表取締役。Love Table Labo代表。女子栄養大学短期大学部卒業後、給食管理、栄養カウンセリング、食品の企画・開発・営業などの業務に携わり、独立。27年間悩み続けた便秘を3日で治した「雑穀」や「米食の素晴らしさ」を広めるべく、雑穀ブランドの「美穀小町」を立ち上げる。テレビの料理コーナー出演や、雑誌・webにレシピやコラムを掲載するほか、食品メーカーのコンサルティングや飲食店のメニュー開発などを手がける。『ココナッツオイル使いこなし事典』(小社刊)、『女子栄養大学の雑穀レシピ』(PHP研究所)なと著者多数。

 

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 糖質オフダイエットが女子をブスにする!『私は「炭水化物」を食...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。