大人女子のためのWebメディア
検索
2015年04月13日更新

胸が垂れてきた…それはスマホやラクブラ、姿勢の悪さが原因かも

最近胸が垂れていると感じることはありませんか? トレンド総研(http://www.trendsoken.com/ )が調査した「胸の下垂」とレポートを紹介します。 はじめに、「20代の頃と比べて、胸が垂れてきたと感じることはありますか?」と聞いたところ、62%と半数以上の女性が「ある」と回答しました。

胸は脂肪がほとんどで、脂肪は形が変わりやすいものです。

 

ですので、下着をつける際には背中やお腹の脂肪を集めて、高い位置で胸を保つことで、きれいな形を長持ちさせるだけでなく、バストアップにもつなげることができます。

しかし、胸の形に合わない下着をつけたり、サポート力が不十分な下着で激しい揺れを加えてしまったりすると、胸を支えられないだけでなく、本来胸になるべき肉も逃げていってしまい、胸が垂れるだけに留まらず、形が崩れてしまうこともあります。

 

また、加齢や胸の揺れに比べるとあまり知られていない部分ではありますが、実は、胸の土台である大胸筋が弱ることも「胸の下垂」につながります。

 

大胸筋は本格的なトレーニングをしなくても、普段の姿勢である程度の筋力がキープできる部位です。

反対に言うと、胸を張らない、姿勢の悪い状態が続くと、どんどん筋力が弱っていく一方です。

 

長時間のパソコンやスマートフォンの使用で姿勢が悪くなりがちな現代人は、大胸筋の筋力が弱まっている傾向にあると言えます。

この姿勢の悪さによって、大胸筋の筋力が弱まるだけでなく、胸が重力によって下の方向に引っ張られてしまうため、「胸の下垂」を招くのです。体の内部にあって目に見えないだけに意識にあがりづらい大胸筋ですが、普段から意識してきれいな姿勢を保たないと、着実に衰えてしまいます。

こうした習慣を続けていると、20~30代の比較的若い世代であっても「胸の下垂」が始まってしまったり、その前兆として、デコルテのボリュームダウンや胸のハリがなくなったりしてしまう可能性があります。

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。