大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • YOGA(ヨガ)とPILATES(ピラティス)の選び方

YOGA(ヨガ)とPILATES(ピラティス)の選び方

『ヨガとピラティス』 多くのセレブリティのスタイル維持に選ばれているトレーニングのうちの2つではないでしょうか。 キレイなヨガポーズをとったモデルさんの写真や、ピラティス特集を雑誌やインターネットでよくみかけます。 YOGA(ヨガ)とPILATES(ピラティス)、どう違うの?

【じっとする】と【動く】

 

ヨガはインドの哲学から生まれたといわれています。

精神のリラックスをつくり、「無」の状態になるのが目的。

(身体の痛みや不調があり不健康だと、うまく「無」をつくれるはずがないので、健康な体を保つためのエクササイズとしてポーズが存在します)

あぐらをかいて目を閉じているヨガポーズをみるように、【うまくじっとしているため】といえます。

 

ピラティスはドイツのジョセフ・H・ピラティス氏によって、兵士のリハビリテーションのため提案され、後に多くのダンサーに支持され広まった「エクササイズ」。

つまり、【うまく動けるため】のエクササイズです。

 

 

【ポーズ】と【動き】

 

ヨガはポーズ、呼吸に集中し、【身体や気持ちを忘れる】よう指導されます。

上手くポーズがとれなくてもいいのです。

 

ピラティスは動きが多く、呼吸とともに身体を意識して使います。

【筋肉を意識】したほうがいいのです。

 

あなた向きのインストラクター

 

もちろん、どちらも身体にとって良い効果があります。

自身が何を目標にするのか、インストラクターがどう導いてくれるのかが大きな問題だと思います。

運動が嫌いな方でも、好きになれます。

まずは体験し、あなた向きのインストラクターに出会う事が一番大事なのではないでしょうか?

 

ちなみに、ピラティス氏は、このポーズでお茶を飲んだとか。

エクササイズを愛していたのですね。

ヨガとピラティスの違い3


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

高校卒業後、スポーツトレーナーを目指し専門学校へ進学。卒業後、スポーツチーム専属のトレーナーとして10年間活動。NSCA-CPT(全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー)取得。その後、ピラティス・マスターストレッチ・ZUMBA、インドリシケシにてYOGAの資格取得。結婚を機に自身のスタジオを閉鎖し、現在はイタリア在住。Twitter:https://twitter.com/Yokopozzer
  • Grapps
  • 美容・健康
  • YOGA(ヨガ)とPILATES(ピラティス)の選び方
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。