大人女子のためのWebメディア
検索
2017年11月04日更新

簡単ハンドケアで心身の疲れを癒す方法

簡単に出来るハンドケアで心身の疲れを解消していきましょう。 手や指先は、脳と密接に関係しています。手指を刺激すると脳に伝わり、血流を増やし、免疫力を高め、自律神経のバランスを整え全身を元気にします。心身のアンバランスを修正し、エネルギー(気)の流れやバランスを良くして、人間本来がもっている自然治癒力を高めます。
簡単ハンドケア

GWも明けて、春の疲れを感じやすい時期です。手軽に出来るハンドケアで心身の疲れを解消していきましょう。

手や指先は、脳と密接に関係しています。手指を刺激すると脳に伝わり、血流を増やし、免疫力を高め、自律神経のバランスを整え全身を元気にします。

 

手指のもみほぐしで本格的なヨガ効果

「龍村式 指ヨガ」(以下指ヨガ)は、「部分即全体」をベースにし、手指をもみほぐしたり、刺激する事で本格的なヨガに近い効果を促す健康法です。

心身のアンバランスを修正し、エネルギー(気)の流れやバランスを良くして、人間本来がもっている自然治癒力を高めます。

 

指ヨガは、

・呼吸

・押す動き

・体の各部位への”意識”

この三つを連動させ、ヨガと同様の効果が得られるので、これらを意識しながら行う事が大切です。

手のひらマッサージ

 

出典:beautystyle.jp.msn.com

 

「高麗手指鍼」で用いられる相応図。左:左手のひら 右:左手の甲

(右手のひらは、左手の甲に重ねて考えると分かりやすい)  

 

手首をまわして手首の緊張をほぐします。指ヨガは、動作と呼吸を合わせながら行いましょう。

はじめに行う前に大きく息を吸っておき、しっかりと吐きながら行います。

指ヨガ、指浴で心身の疲れをケア

イライラ・不眠、倦怠感・・これらは、副交感神経の興奮によって起こります。

自律神経のバランスを整えるには、へそや丹田に相応するポイントへの指ヨガが効果的です。

中指回し(自分磨き企画:第5回コラム参照)を行った後に行うと効果的です。

 

▼指ヨガ

① へそに相応するポイントを息を吐きながら、最低10秒かけて押します。

② 丹田に相応するポイント(へそよりやや下)を息を吐きながら、最低10秒かけて行います。丹田にエネルギー(気)を集めると、心身が安定していきます。呼吸を意識しながらゆっくりと行いましょう。

 

*手指にかける圧は気持ち良く感じる程度で、落ち着ける場所でゆっくりと行うとより高い効果が得られます。また、食後1時間以内は避けましょう。

 

▼指浴

小さ目の容器にぬるま湯をはり、指を5~10分入れます。

アロマオイルをお好みで1、2滴入れると香りでの癒しも得られるので、より効果的です。

親指だけでも効果が得られ一番簡単な部分浴です。全身の血行を良くし、気分も安定してくるので、疲労感や気分が落ち込んでいる時にオススメです。

 

参照:龍村式 指ヨガ健康法―いつでもどこでも手軽に出来る!

 

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。