大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 人気沸騰中のアーモンドミルクは牛乳や豆乳より何が優れているの...

人気沸騰中のアーモンドミルクは牛乳や豆乳より何が優れているの?

近年アメリカでは、牛乳に替わるヘルシーな飲み物として「アーモンドミルク」がヒットしています。セレブも一般の人もこぞって愛飲しているようで、今やその人気はヘルシーさで支持されてきた豆乳を上回るほどだとか。日本でもアーモンドミルクが店頭に並んでいるのを見かけるようになってきており、ブレイク寸前なのではないでしょうか。

近年アメリカでは、牛乳に替わるヘルシーな飲み物として「アーモンドミルク」がヒットしています。

アーモンドミルク_

セレブも一般の人もこぞって愛飲しているようで、今やその人気はヘルシーさで支持されてきた豆乳を上回るほどだとか。日本でもアーモンドミルクが店頭に並んでいるのを見かけるようになってきており、ブレイク寸前なのではないでしょうか。

 

アーモンドミルクはその名にミルクと付くものの、牛乳は一切含まれていません。
市販のものは飲みやすく調整されたものも多いですが、原料となっているのは基本的にはアーモンドと水のみ。水に浸したアーモンドを、水と一緒にミキサーにかけて漉したものがアーモンドミルクです。

 

味わいは牛乳よりもどちらかというと豆乳に近く、しかし豆乳よりもクセが少ない分飲みやすく、若干アーモンドの風味があります。
牛乳や豆乳と同じように使うことができ、そのまま飲んでも良いですし、コーヒーやココア、紅茶に入れたり、シチュー、スープ、ホワイトソースなど料理にも活用することができます。

グリーンスムージーやお菓子作りなどにも向いており、汎用性が高いので取り入れやすいです。

 

アーモンドミルクが牛乳よりも優れている点

① お腹が弱い人でも安心して飲める
牛乳に含まれる乳糖が原因で、飲むとお腹を壊してしまう「乳糖不耐症」の人は、日本人にはとても多いです。しかし、アーモンドミルクはこれを含みませんので、お腹が弱い人も安心して飲むことができます。

 

② カロリーが低い
カロリーの低さにも注目です。アーモンドミルクは牛乳や豆乳と比べて低カロリーで、しかもコレステロールはゼロです。
100mlあたりのカロリーと脂肪は以下の通り。

・牛乳 52kcal/2g
・豆乳(無調整) 57.5kcal/3.65g
・アーモンドミルク(砂糖不使用) 15kcal/1.2g
 

アーモンドミルク

③ 抗酸化力の強いビタミンEが豊富!
食品の中でも、ビタミンEの含有ナンバー1だといわれているのがアーモンドです。アーモンドミルクの場合は、100mlあたり4.5mg程度のビタミンEが含まれており、成人女性の1日の摂取目標量が6mg※ですから、そのほとんどを補うことができます。

ビタミンEには強い抗酸化作用があり、活性酸素による体細胞や血管の酸化を防ぐ抗酸化作用があります。こうした抗酸化作用により悪玉コレステロールの酸化を抑制します。
末梢血管を広げ血行を良くする働きもあり、血行障害からくる肩こり、頭痛、冷え性等の症状を改善する効果もあります。
他に体の酸化を防ぐことでしみ、そばかす、シワ予防など美肌作りにも役立ちます。ビタミンEは、エイジングケアには欠かせない栄養素なのです。

 

④ 悪玉コレステロールを制御するオイレン酸
アーモンドミルクのカロリーの元となっているのは、脂肪分です。
脂肪といってもいわゆる「体に良い油」の部類で、オリーブオイルの主成分でもあるオレイン酸が、アーモンドには多く含まれています。
オレイン酸は不飽和脂肪酸であり、通常の油と違って体内で酸化しにくく、善玉コレステロールを維持したまま悪玉コレステロールだけを制御する働きがあります。

肌や髪の潤いを保ったり、サラサラ作用もあります。

 

参照元:microdiet.net


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 人気沸騰中のアーモンドミルクは牛乳や豆乳より何が優れているの...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。