大人女子のためのWebメディア
検索

「細さ=美しさ」の間違った美の観念を捨てませんか

憧れのスリムなモデルやタレントに少しでも近づこうとダイエットをするのは、日本だけでなく世界中の女性に共通しています。 ですが"健康的"からあまりにもかけ離れた、やせすぎモデルを目指すべきではありません。当然健康を損なってしまう恐れがあります。 フランスでは、痩せすぎモデルを採用すると罰則もあるそうです。

「細さ=美しさ」の間違った美の観念

憧れのスリムなモデルやタレントに少しでも近づこうとダイエットをするのは、日本だけでなく世界中の女性に共通しています。

ですが”健康的”からあまりにもかけ離れた、やせすぎモデルを目指すべきではありません。当然健康を損なってしまう恐れがあります。 

 

フランスでは、痩せすぎモデルを採用すると罰則も

2015年4月、フランスではやせすぎモデルを採用した事業者に、罰則を科す法案が可決されました。
その内容は、『肥満指数を表すBMI(ボディ・マス・インデックス)が18以下のファッションモデルの活動を禁止し、該当するモデル雇用した事業者に最大7万5000ユーロ(約980万円)の罰金、最大6か月の禁固刑を科す』というなかなかに厳しいもの。

この法案は、スリムなモデルに憧れダイエットを始め、それがきっかけとなって拒食症に陥る女性を減らすべく、法による規制を設け改善に繋げることが目的のようです。フランスでは拒食症患者を約4万人も抱えており、9割以上が女性です。

 

2006年にはブラジル人モデルが拒食症で亡くなっており、これを発端にやせすぎモデルの是非が問われるようになりました。

この直後にスペイン、イタリアにおいて「過度にやせたモデルは少女達に誤った美の観念を与える危険性がある」として、BMIが18未満のファッションモデルのファッションショー出演が禁止されるようになり、イスラエル、ベルギー、チリなどの国々でも同様の規制があります。

今回、ファッション界・モデル界をリードするフランスで規制ができたことは、世界に与える影響は大きいと言えるでしょう。

 

BMI18ってどのくらい?

モデルの規制で各国が指標に使用しているBMIとは、

体重(kg)÷身長(m)² で算出した体格指数のことです。

例えば身長160cm、体重60kgならBMI23.4となります。

日本肥満学会では、以下のように基準を設けています。(2000年)

18.5未満 低体重(やせ型)
18.5~25 普通体重
25~30  肥満(1度)
30~35  肥満(2度)
35~40  肥満(3度)
40以上  肥満(4度)

 

BMIの算出法では体脂肪率が考慮されていないので、脂肪よりも重い筋肉の多い人がBMIでは「肥満」に分類されてしまうこともあります。そのため、女性よりも男性のほうがBMIは高くなることが多いです。

 

メリハリのある引き締ったカラダが支持される

日本のモデルやタレントの女性で「すごく細い」と言われているのは、BMI15~18の人たちがメインです。

見た目はもちろん、数値的にも明らかにやせすぎの部類に入りますが、これを称賛する風潮があるのは間違いなく、特に10代~20歳前後の若年層ほど細い=美しい・憧れる、と考える傾向が強いです。

 

そしてバランスや健康はそっちのけに、極端な食事制限をするなどの間違ったダイエットを行ってしまう人が少なくありません。

健康を無視したダイエットでは、一時的に体重を減らすことができたとしても、元気がなくなってしまったり、肌荒れ、リバウンドなど、成功とは言えない結果になりがちです。

また、その程度で済めばまだ良いほうかもしれません。
もっと深刻になると、カルシウム不足で骨密度の低下・骨粗しょう症、鉄分不足による貧血、生理が止まる、摂食障害(過食症・拒食症)など、体の機能が著しく低下し、健康を損なってしまう可能性があります。

 

厚生労働省 国民健康・栄養調査によると、日本では高度成長期以降、成人女性の平均BMIが下降傾向にあります。
特に20代が顕著で、2000年~2012年のデータではBMI20~21を推移しており、全世代中もっとも低い平均BMIとなっています。

棒のように細い脚やガリガリにやせた体よりも、女性らしいメリハリのある引き締まった体のほうが魅力的ですし、昨今支持率の高い体型は断然後者です。
細さばかりを目指すのではなく、健康的な美しさを手に入れたいものですね。

 

情報参照元:ダイエット情報発信サイト microdiet.net


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。