大人女子のためのWebメディア
検索

憂鬱な季節を元気に乗り切りる!素敵スパイス活用法

暑い日が続き、心身共に疲れを感じている方が多いようですね。 スパイスは保存性を高める他、香り、辛み、色の効果により五感を刺激し、料理を美味しく、身体の内側から元気にしてくれます。スパイスは、内臓を温め体表の熱をとってくれるものが多いので、暑くて胃腸のダメージを感じる、これからの季節におススメです。

スパイス

暑い日が続き、心身共に疲れを感じている方が多いようですね。

スパイスは保存性を高める他、香り、辛み、色の効果により五感を刺激し、料理を美味しく、身体の内側から元気にしてくれます。スパイスは、内臓を温め体表の熱をとってくれるものが多いので、暑くて胃腸のダメージを感じる、これからの季節におススメです。

お料理だけでなく、白湯や飲み物に加えると手軽に摂取できますよ。

 

憂鬱な季節を乗り切る!スパイス活用法

 

▼しょうが

ジンゲロンやショウガオールといった辛み成分を含みます。

これらには殺菌作用があり保温発汗作用があります。皮のまますりおろすと辛みがアップ。特に身体を温めたい時は皮ごとや乾燥したものを使用しましょう。

 

*消化力を高めたい時は、しょうが湯(白湯)

皮付きの生姜スライス2,3枚をお湯に入れ沸騰させる。

または、カップに皮付きの生姜スライスを加えて蒸らしたり、すりおろし生姜やはちみつを加えても良いでしょう。代謝を上げてくれるので、冷え症、デトックスやダイエットにおススメです。

 

▼コリアンダー

「葉」は中華料理で使用される「香菜(シャンサイ)」。

香り付けや、肉や魚の臭い消しに使用されています。胃腸の働きを良くし、新陳代謝を高めます。

 

*水分代謝を高める、コリアンダーティー

コリアンダーシード ティースプーン1杯をつぶして熱湯で5分程煮出し、蒸らして漉す。(紅茶の茶葉を加えても良い)むくみ、胃もたれ、胸やけに。

 

▼カルダモン

強い香りを持ち、カレーに欠かせないスパイス。

料理から紅茶などのドリンクなどにも使用されています。清涼感のある香りが特徴で消化を助ける働きがあります。

 

*風邪気味や胃腸の調子が悪い時は、カルダモンティー

つぶしたカルダモン5粒を熱湯で5分程度煮出し、蒸らして漉す。

飲みにくい時は、紅茶、生姜、シナモン、牛乳(豆乳)を加えたチャイにしても良いでしょう。

 

バニラ、シナモン、サフランは、スパイス美人のコラムを参照してください。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。