大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 朝カレーダイエットのすすめ!−14キロのダイエットに成功した...

朝カレーダイエットのすすめ!−14キロのダイエットに成功した人も

朝カレーの先駆者といったら、メジャーリーガーのイチロー選手。毎日朝食にカレーを食べていたのは有名な話ですよね。一方、同じく朝カレーを取り入れ、14キロものダイエットに成功したという人物がいます。カレーは基本的に高カロリーになりがちなメニューではありますが、うまく取り入れることでダイエット効果が期待できます。

昼・夜より、朝にカレーの理由

ではどうして昼や夜ではなく、朝にカレーを食べるのがダイエットに良いのでしょうか?

眠りから目覚める朝は、リラックス時や睡眠中に優位になる副交感神経から活動時の交感神経に切り替わる時間帯です。

この時に血流を促す効果の高いスパイスの入ったカレーを食べることで、交感神経への切り替えを速やかにし、脳も体も目覚めさせます。それにより体は活性化して、ダイエット効率がアップします。

 

また、カレーは代謝を上げてダイエットを促す効果が期待できるとはいえ、昼ならまだしも夜ではむしろ逆効果で、体重が増えてしまう可能性すらあります。
そもそもカロリーが高く、夜に食べるとそのエネルギーは消費されることなく眠りにつくことになってしまい、体脂肪に蓄えられやすいためです。朝に食べるのであれば、1日の活動によりエネルギーは消費されやすいので、夕食に食べるよりも太りにくくなります。

朝カレーダイエットの気を付けるポイント

①毎朝ではなく、週に数度ぐらいの頻度にしておきましょう。胃腸があまり強くない場合は胃に負担がかかる場合がありますので、様子を見ながら取り入れてください。

 

②市販のカレーのルーは脂質が30~40%と高いので、カロリーカットのルーを使ったり、具を炒める油の量に気を付けるなどなるべく脂質を抑えるようにしましょう。

 

③カレーの具は脂肪分の高い肉は避けましょう。赤身の肉、皮を除いた鶏肉、豆などを使用し、旬の野菜やきのこをたっぷり入れましょう。

 

④ご飯の量はお茶碗1杯分(約150g)程度にします。白米よりも栄養価が高い雑穀米や玄米がオススメです。

 

カレーを作る時間のない人は、レトルトでも構いません。
スパイスにダイエット効果があるので、カレーライスとしてのみではなく、普段の炒め物やスープなどにカレー用のスパイスやカレーパウダーを加えても良いでしょう。
シナモンやクローブならヨーグルトやパンケーキにも合うので、ぜひ日常的にスパイスを取り入れてみてくださいね。

参照元:microdiet.net


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 朝カレーダイエットのすすめ!−14キロのダイエットに成功した...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。