大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 月経前症候群(PMS)と生理痛に。骨盤周りの筋肉をほぐす【お...
2015年06月18日更新

月経前症候群(PMS)と生理痛に。骨盤周りの筋肉をほぐす【おしりストレッチ】

毎月、排卵が終わり月経前になると、骨盤は靭帯(骨と骨とをつなぐもの)が緩んだ状態にあります。腰に負担がかかり腰痛を感じるのです。この症状に心当たりがある方は、普段から歪んだ骨盤ケアを続けてみて下さい。少しでも月経前症候群(PMS)や生理痛が楽になれば、あなたに合ったストレッチだという事を感じられるでしょう。

骨盤周りの筋肉状態は女性の体調に大きく影響を与えます。

女性は、月に一度の月経のたびに、ホルモンによって骨盤周りの靭帯が緩んだり、元に戻ったりしているのです。

生理前には、なんだかおしり周りがプヨプヨして、大きくなったように感じる方も多いでしょう。これは、女性ホルモンによる自然な働きなのです。

 

月経による骨盤の変化

 

毎月、排卵が終わり月経前になると、骨盤は靭帯(骨と骨とをつなぐもの)が緩んだ状態にあります。これは、卵巣ホルモンの1種、リラキシンという物質が関節をゆるめる働きをするためです。そして、生理中は骨盤が広がりますが、この時、普段から骨盤の歪みが大きくある方は、うまく骨盤が広がらないため、腰に負担がかかり腰痛を感じるのです。

この症状に心当たりがある方は、普段から歪んだ骨盤ケアを続けてみて下さい。

少しでも月経前症候群(PMS)や生理痛が楽になれば、あなたに合ったストレッチだという事を感じられるでしょう。

 

おしりストレッチ~ヨガ 牛面のポーズ~

 

座った状態から左足を曲げてかかとを右のおしりに近づけ、右膝を左膝に重ねます。

ストレッチ

この状態ですでに強いストレッチを感じる方はここまでで良いですので、ゆっくり呼吸を続けて下さい。

息を吸って背筋をピンと伸ばし、吐きながら前へ前屈していきます。

ストレッチ2

10~15秒間はポーズを維持し、骨盤周りのストレッチを感じて下さい。

反対側も行い、左右差があれば、歪みという事になります。

 

背骨の骨盤の付け根から少し背すぎを伸ばすようイメージしながら、少し遠くに両手を伸ばしてみて下さい。

まずは次回の月経時まで、毎日少しづつ、左右差を改善してみて下さいね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

高校卒業後、スポーツトレーナーを目指し専門学校へ進学。卒業後、スポーツチーム専属のトレーナーとして10年間活動。NSCA-CPT(全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー)取得。その後、ピラティス・マスターストレッチ・ZUMBA、インドリシケシにてYOGAの資格取得。結婚を機に自身のスタジオを閉鎖し、現在はイタリア在住。Twitter:https://twitter.com/Yokopozzer
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 月経前症候群(PMS)と生理痛に。骨盤周りの筋肉をほぐす【お...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。