大人女子のためのWebメディア
検索
2015年06月25日更新

実は「不眠」も便秘から!?便秘の種類とエクササイズ

多くの女性を悩ませている便秘。症状も様々です。イライラや肌荒れ、ぽっこりお腹に体臭、不眠までが、便秘からくる症状だったのです。 実は便秘には種類があります。今回は身近な3つの種類と改善アドバイスをお伝えします。しっかり体の中から深呼吸をするよう意識すると、内臓の動きが感じられるでしょう。

便秘には理由があった
Photo:Seven-Studio

多くの女性を悩ませている便秘。症状も様々です。

イライラや肌荒れ、ぽっこりお腹に体臭、不眠までが、便秘からくる症状だったのです。

 

実は便秘には種類があります。

今回は身近な3つの種類と改善アドバイスをお伝えします。

 

①機能性(きのうせい)便秘

 

消化器官(胃・小腸・大腸)の機能低下が原因の便秘です。一般的な便秘は、これにあてはまるといえます。

 

②弛緩性(しかんせい)便秘

 

老化やお産により筋力が低下したために引き起こされている便秘です。

 

③痙攣性(けいれんせい)便秘

 

心理的ストレス等により、自律神経が乱れたためおこる便秘です。

 

便秘の原因といわれている事

水分不足・食物繊維不足・我慢癖に末に癖ついてしまった便秘・ストレス・病気による便秘・運動不足と様々です。

ですが、原因が運動不足による機能低下の便秘であれば、運動を始め、機能を正常に戻す事ができたなら、簡単に改善される事でしょう。

 

ということで、今回は消化器官(胃・小腸・大腸)を刺激できるエクササイズを紹介します。

 

ねじりのポーズ

 

便秘解消ストレッチ

 

このポーズは内臓の働きを活性化させ、自律神経をも整える効果があります。

 

①両脚を伸ばして座る。

②左足の膝をたてて右足の外側に置き、右腕の膝が左足の太ももの外側に来るように体だけをねじっていきます。

※下半身は動かさず、左から真後ろに、胸から振り向くようなイメージです。

③ねじった状態で上半身の姿勢をピンと伸ばし、大きく10呼吸ほど、呼吸を続けます。

反対側も同じように行って下さい。

 

POINT☆

しっかり体の中から深呼吸をするよう意識すると、内臓の動きが感じられるでしょう。

内臓を刺激し、便秘改善できれば良いですね!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

高校卒業後、スポーツトレーナーを目指し専門学校へ進学。卒業後、スポーツチーム専属のトレーナーとして10年間活動。NSCA-CPT(全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー)取得。その後、ピラティス・マスターストレッチ・ZUMBA、インドリシケシにてYOGAの資格取得。結婚を機に自身のスタジオを閉鎖し、現在はイタリア在住。Twitter:https://twitter.com/Yokopozzer
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。