大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 手を洗う、お湯ですすがない…洗顔の基本、できていますか?
2015年06月27日更新

手を洗う、お湯ですすがない…洗顔の基本、できていますか?

毎日している洗顔。毎日のことなのでおざなりになってしまっている人はいませんか?ただ洗っているだけでは、逆に乾燥肌や油性肌を招く原因になることも。洗顔の基本をおさらいして、正しい洗顔方法でキレイなお肌を手に入れましょう。輝く肌を手に入れるためには日々の効果的な洗顔が大切です。基本を守ってキレイな肌を手に入れましょう。

毎日している洗顔。毎日のことなのでおざなりになってしまっている人はいませんか?

ただ洗っているだけでは、逆に乾燥肌や油性肌を招く原因になることも。洗顔の基本をおさらいして、正しい洗顔方法でキレイなお肌を手に入れましょう。

美肌の基本は洗顔にあり

洗顔の基本の流れ(クレンジング込み)

1. 手を洗う
まずは顔を洗う前に石鹸で手をきれいに洗いましょう。何にも汚れていないように見える手にも、実は雑菌がいっぱい!あわ立ちも良くなりますよ。

 

2. クレンジング
タオルで手の水分をふき取ったあと、クレンジング剤を手に取り、円を描くようにしてやさしくメイクとなじませます。
ゴシゴシ擦ると肌を傷つけてしまうのでやめましょう。クレンジング剤はオイルやクリームなどお好みで。
ただし、ふき取りタイプは避けましょう。肌をこすって傷つけてしまいます。

 

3. 泡立て
クレンジング剤をしっかりと洗い流したら、次は洗顔料を泡立てます。少ない泡で洗うと汚れが取れにくいだけでなく、肌に負担がかかります。
泡立てネットを使うと簡単にきめ細かい泡を立てることができます。たっぷりの泡で肌の上をころがすように洗うと、泡に汚れが吸着されやすくなり、効果的な洗顔ができます。
洗うときはまず、Tゾーンや小鼻といったテカリやすい部分から洗います。皮膚が薄い目元や、乾燥しやすい部分は軽く洗うだけでOK。

 

4. すすぎ
すすぎは36℃くらいのぬるま湯でしっかりと。
泡が目に見えなくても、髪の生えぎわやあごの下などに洗顔料が残りやすいので注意しましょう。ここでも肌をこすらないようにすすぐのがポイント。仕上げにひと手間かけて冷水ですすぐと毛穴を引き締め、目立ちにくくする効果があります。

 

5. ふきとり
洗顔後は、タオルでやさしく水分をふき取りましょう。最後まで肌はこすらず、やさしくふきとります。ゴシゴシはNG!

 

肌の性質によっては、毎日洗顔しないほうがよい

乾燥が気になる人は、朝の洗顔はぬるま湯ですすぐだけでじゅうぶんです。必要な油分まで落とさないようにしましょう。

夜にメイクを落とすときはクレンジングと洗顔をする必要がありますが、ダブル洗顔で肌に負担を感じる人は、クレンジングと洗顔を一度ですませられる洗顔料を使うといいでしょう。

油性肌の人も、油性肌だからといって過剰に洗いすぎるのは禁物。油分を洗い落とせば落とすほど、内側から余計に油分を分泌することになります。油分を洗い流すよりも、基本の洗顔を続けることが大切。

 

毎日気をつけているようで忘れがちな洗顔の基本。

肌のトラブルがないキレイな肌だと、日常がいつもより明るく過ごせると思いませんか?

輝く肌を手に入れるためには日々の効果的な洗顔が大切です。基本を守ってキレイな肌を手に入れましょう。

 
参考:赤須医院院長 赤須玲子(2009)『赤ちゃん肌に変わる「顔そり」スキンケア』マキノ出版

参考サイト:女性お顔そり専門サイト『うる肌シェービング』

http://www.ururu-shaving.com/


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 手を洗う、お湯ですすがない…洗顔の基本、できていますか?
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。