大人女子のためのWebメディア
検索

ヨーグルトは夜がオススメ!夜ヨーグルトダイエット

ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたっぷり含まれています。善玉菌の働きは、悪玉菌の増殖を抑えて腸内環境を良くする、有害物質の発生を抑える、風邪をひきにくくする、花粉症などアレルギー症状の緩和、 便秘の改善、肌荒れ改善など、様々な全身の健康に作用していると考えられています。

ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたっぷり含まれています。

善玉菌の働きは、悪玉菌の増殖を抑えて腸内環境を良くする、有害物質の発生を抑える、風邪をひきにくくする、花粉症などアレルギー症状の緩和、 便秘の改善、肌荒れ改善など、様々な全身の健康に作用していると考えられています。

ヨーグルトにはこうした健康効果があることは以前から有名ですが、最近注目されているのが夜にヨーグルトを食べる『夜ヨーグルトダイエット』です。
ヨーグルトは朝に食べることが多いと思いますが、夜食べることでどんな効果があるのでしょうか?

 

腸のゴールデンタイムに合わせてヨーグルトを食べる!

お肌のゴールデンタイム_5

 
人間の体は、1日の中で、朝は排泄、昼は食べたものを消化し栄養の補給、夜間は吸収というリズムがあります。
朝にお通じがあったり、夜遅くに食べると太りやすいことからも、このリズムは実感できると思います。
こうした体のリズムには、腸の働きが最も活発になる「腸のゴールデンタイム」があり、22時~翌2時がその時間帯だと言われています。

この時間に合わせて腸を整えるヨーグルトを食べることで、腸のゴールデンタイムをさらに後押しすることができるというのが、夜ヨーグルトダイエットのメソッド。

夕食の時間帯にヨーグルトを食べることで、眠っている間に乳酸菌などの善玉菌が働いて腸が活性化し、腸内環境を整えたり、老廃物の排泄や有害物質を減らしたり、太りにくい体質作りに役立つとされています。

 

ヨーグルトの食べ方
main

ヨーグルトを食べるタイミングは、基本的には夕食後です。
なるべく就寝の3時間前には食べ終えるようにします。寝る直前や22時以降では体重が増加する可能性もありますので、できれば21時までにはヨーグルトを食べ終わると良いと思います。

量は120gが目安です。

種類により多少カロリーは異なりますが、無糖のプレーンタイプ120gなら、75kcal~80kcal程度です。
脂肪分の高いリッチなタイプや加糖のものは避け、できれば無脂肪や低脂肪のものがベスト。甘味を付けたい場合は、はちみつを少量加えてください。

夕食後に単体で食べるのではなく、料理にヨーグルトを使ってもOKです。
乳酸菌は熱に弱いので、なるべく加熱をせずに使いましょう。


 

夜ヨーグルトダイエットで気を付けることは?

・ダイエットのために夕食を取らずに、ヨーグルトだけを夕食替わりに食べることは避けましょう。栄養が偏り、健康を損なってしまう可能性がありますし、必用な栄養が足りなければ美しくやせることはできません。

・量を食べ過ぎたり寝る直前や遅い時間に食べると、体重増加に繋がってしまいます。遅くても21時まで、眠る3時間前には食べ終えましょう。

・どんなダイエットにも共通しますが、ダイエットに効くとされるその一つに頼るのではなく、食事内容やバランスを整えることが最も大切です。
極端な食べ方をして一時的に体重が減ったとしても、栄養不足やバランスが悪いと結果的にダイエットはうまくいかず、太りやすい体質になってしまいます。

 

詳しい説明はmicrodiet.netの最新の記事
『ヨーグルトは夜がオススメ!夜ヨーグルトダイエット』をご参照ください。
http://microdiet.net/diet/000871.html


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。