大人女子のためのWebメディア
検索
2015年08月22日更新

胡椒をかけるだけでやせ体質に!?

塩とセットで料理の調味に欠かせない胡椒。普段何気なく使っていますが、味の引き締め以外にどんな効果があるのかご存知ですか? 今回は、『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社が調査した『胡椒をかけるだけでやせ体質に!?』を紹介します。

胡椒痩せる体質

塩とセットで料理の調味に欠かせない胡椒。

普段何気なく使っていますが、味の引き締め以外にどんな効果があるのかご存知ですか?

 

今回は、『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社が調査した『胡椒をかけるだけでやせ体質に!?』を紹介します。http://microdiet.net/diet/000877.html

 

胡椒の原産地はインドで、現在ではインドの他に東南アジアで主に栽培されています。
コショウ科コショウ属のつる性植物で、果実が香辛料として利用されています。
辛味と香りに特徴があり、古代~中世ヨーロッパではその抗菌作用や防腐作用食品の保存性を高めることから珍重され、貨幣として使用されたこともあるそうです。現在でも4大スパイス(胡椒、ナツメグ、クローブ、シナモン)の一つとして、料理に欠かせない存在です。

胡椒は収穫のタイミングや製法の違いによって黒胡椒、白胡椒、青胡椒、赤胡椒などの種類があります。

 

代謝アップでやせ体質に

胡椒の辛味は「ピペリン」という成分が主で、黒胡椒に最も多く含まれています。

抗菌作用、防腐作用などがあるほか、健康やダイエット面にもメリットがあります。血管を広げて血液の循環を良くする作用、交感神経を刺激する作用があり、体を温めエネルギー代謝を促進、冷えを改善する効果が期待できます。代謝をアップさせることはやせ体質になるために必須です。

 

消化吸収を高める効果 

インドのアーユルヴェーダでは、消化の良くない食べ物には黒胡椒をかけることが提唱されているように、ピペリンには食欲増進効果があるほか、唾液や胃液、消化酵素の分泌を促し消化吸収を高める働きがあります。また他の栄養素の吸収を高める作用もあると考えられています。反対に消化が良くないと胃腸の負担が増え、エネルギー代謝が落ちてしまいます。

 

香り成分

胡椒の香りを構成する成分は約100種類にも及びますが、主成分は「モノテルペン」という成分です。血行促進や脳を活性化させる作用があるとされています。

 

 胡椒を保存する際の注意点

胡椒に含まれる有効成分は、紫外線や熱によって失われやすいです。保存する場合は直射日光や温度の高い場所を避けましょう。冷蔵庫の中でもOKです。最も良いのは、粒のまま保存し、使うときにミルで挽くことです。皮が実を守ってくれますので保存中の成分の損失を抑えられるだけでなく、挽き立てのほうが風味が良く胡椒の持つ様々な効果を得られやすいです。

 

日本の家庭では、黒胡椒と白胡椒を粉状にしてミックスしたものが最もよく見られますが、ダイエット効果を狙うなら挽き立ての黒胡椒がベストです。ダイエット面だけでなく料理のアクセントになりますので、様々な料理に活用してみてくださいね。

 

詳しい説明はmicrodiet.netの最新の記事『胡椒をかけるだけでやせ体質に!?』をご参照ください。
http://microdiet.net/diet/000877.html


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。