大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • セクシーな「腰くびれ」づくりには【橋のポーズ】が効果的!!

セクシーな「腰くびれ」づくりには【橋のポーズ】が効果的!!

「ウエストのくびれ」というと、正面から見た時の両側面のくびれを思い浮かべるかと思いますが、ここでの「腰くびれ」とは、横から見た時のくびれ、腰とおしりの境目がくっきりあるかという事をさします。今回紹介する【橋のポーズ】は①の姿勢を②の姿勢のように保つために必要な筋肉を鍛える事ができるポーズです。

「ウエストのくびれ」というと、正面から見た時の両側面のくびれを思い浮かべるかと思いますが、ここでの「腰くびれ」とは、横から見た時のくびれ、腰とおしりの境目がくっきりあるかという事をさします。

下の二枚の写真①と②で見比べてみて下さい。おしりから腰(背中)にむけての湾曲がチェックポイントです。

ヨガ

ただ、下の③のように逆にお腹や肋骨が前に突き出てしまうのは、いわゆる反り腰というものですので、良くはありません。

ヨガ2

 

今回紹介する【橋のポーズ】は①の姿勢を②の姿勢のように保つために必要な筋肉を鍛える事ができるポーズです。

普段気が付くと①の姿勢となっている方は、骨盤が後ろ方向へ傾いている状態といえます。(骨盤の後傾といいます)恥骨が前へ出ている状態です。

橋のポーズをとることで、背筋が使われます。背骨は反らされる方向にストレッチされます。特にデスクワークや、普段は前にかがむことが多い日常生活であれば尚更、一日に一度は背骨を反らしてあげると腰への負担が軽減するかもしれません。

 

【 橋のポーズ 】

膝を曲げ、両足をそろえて仰向けになります。

ヨガ4

両足を地面から持ち上げ、両手を腰にまわして骨盤も地面から持ち上げます。

ヨガ5

両肘を地面について、両肘に体重をかけながら、両手で腰を支え、ゆっくりと片足づつ、地面に足をおろしていきましょう。

ヨガ6
ヨガ9

この時に、腰の痛みがひどいようであれば中止してください。

ヨガ7

両脚が下ろせたら、ポーズを保ちながら3~5回の深呼吸を繰り返します。

ポーズを解く時は、両肘で支えた両手に体重をかけ、片方づつ足を地面から持ち上げてから、骨盤を地面に下ろしていくようにします。


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

高校卒業後、スポーツトレーナーを目指し専門学校へ進学。卒業後、スポーツチーム専属のトレーナーとして10年間活動。NSCA-CPT(全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー)取得。その後、ピラティス・マスターストレッチ・ZUMBA、インドリシケシにてYOGAの資格取得。結婚を機に自身のスタジオを閉鎖し、現在はイタリア在住。Twitter:https://twitter.com/Yokopozzer
  • Grapps
  • 美容・健康
  • セクシーな「腰くびれ」づくりには【橋のポーズ】が効果的!!
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。