大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 秋のスキンケアに取り入れたい!全身に使えて万能すぎる「アルガ...
2015年09月18日更新

秋のスキンケアに取り入れたい!全身に使えて万能すぎる「アルガンオイル」

肌の乾燥の気になる季節になりました。乾燥している肌に水分を与えると蒸発を促してしまうので、逆効果になってしまいます。乾いている肌には、水分より、油分を与え水分が蒸発しないよう肌の表面にバリアを作る事が大切です。そこで注目されているのが、オイル美容。今回は、乾燥した肌におススメなアルガンオイルをご紹介します。

アルガンオイル_顔
Photo:Marta St▲rbucks

肌の乾燥の気になる季節になりました。

乾燥している肌に水分を与えると蒸発を促してしまうので、逆効果になってしまいます。乾いている肌には、水分より、油分を与え水分が蒸発しないよう肌の表面にバリアを作る事が大切です。そこで注目されているのが、オイル美容

今回は、乾燥した肌におススメなアルガンオイルをご紹介します。

 

「モロッコの黄金」有用性の高い万能オイル
アルガンオイルは、アルガンの木の実の種の核(仁)をすりつぶして作った、植物性のオイル。

乾燥の激しいモロッコの土地でも枯れる事がないアルガンから作られるオイルは、乾燥しやすい肌や、パサつきがちなお肌に使うとしっとり、しなやかにしてくれます。

100キロの種子からわずか1リットルしかとれないという大変貴重なオイルで、「モロッコの黄金」と言われています。元々は食用として使用されていましたが、先住民のベルベル族は、「生命の実」として美容液や、マッサージオイルなどにも利用してきました。アルガンオイルは、全身に使える有用性の高い万能オイルです。

 

アルガンオイルの効果

アルガンオイルは、ビタミンE成分トコフェノールがオリーブオイルの2〜3倍含まれており、強い抗酸化作用により、アンチエイジング効果が高いことが特徴です。また、オレイン酸やリノール酸、ステロールが豊富に含まれているので、紫外線をダメージから肌を守ってくれます。

 

 

肌馴染みがよく高い浸透率

アルガンオイル_髪

 

オイルと言うとベタつくというイメージがありますが、アルガンオイルは伸びが良く、肌馴染みが良いのですぐに浸透してくれます。オイルは酸化しやすいので開封後は、早めに使い切ると良いのですが、顔だけでなく髪の毛、手指、爪にまで全身に使用出来ます。アロマエッセンシャルオイルや美白を促すローズヒップなど他のオイルと混ぜて使用するのもおススメです。

 

爪先から頭皮まで全身OK

洗顔や入浴後に水分をタオルで拭き取る前に、オイルを数滴、手のひらにとり、両手でなじませてから、顔や全身、気になる部分に軽く塗り込む感覚でつけます。その後、化粧水と乳液やクリームで保湿します。(オイル使用後の肌が化粧水を弾いてしまう時は、化粧水から先に使用すると良いでしょう)

 

顔:

目の周りには優しくつけます。ニキビの跡やシミには、軽く塗り込むと良いでしょう。

 

手指:

ハンドクリームを塗る前に、オイルを使用すると浸透力が上がります。爪に塗ると乾燥を抑え、潤いを与えます。

 

髪:

洗髪後タオルドライした後に、両手に1,2滴オイルを垂らし、頭皮に優しく馴染ませます。指先でゆっくり圧を加え、マッサージします。再び手のひらに数滴垂らし、両手に馴染ませてから、毛先を中心にオイルをもみ込むとパサつきが抑まります。

また、洗髪前にオイルで頭皮をマッサージし、少し置いてからシャンプーをすると頭皮の汚れがよく落ちて、有効成分の浸透力が高まり、しっとりとした洗い上がりになります。

本格的な乾燥シーズンが始まる前に取り入れてみてくださいね。

 

次回は、アルガンオイルを使用したビューティケアをご紹介します。


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 秋のスキンケアに取り入れたい!全身に使えて万能すぎる「アルガ...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。