大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • ファンデ塗り過ぎてない?お肌を明るく見せるベースの作り方

ファンデ塗り過ぎてない?お肌を明るく見せるベースの作り方

「仮面メイク」になってしまう原因は、ファンデの厚塗りだった! 鏡を見るたび、「ここをどうにかしたい」「あーー。これがなければなぁ~」なんて、マイナスばかりに注目していませんか? そのマイナスを隠したいばかりに、ファンデを厚塗り…なんて。 でも実は、隠せば隠すほど、「目立たせている」という現象にお気づきですか?

「仮面メイク」になってしまう原因は、ファンデの厚塗りだった!

 
「仮面メイク」になってしまう原因は、ファンデの厚塗りだった! 

鏡を見るたび、「ここをどうにかしたい」「あーー。これがなければなぁ~」なんて、マイナスばかりに注目していませんか?

そのマイナスを隠したいばかりに、ファンデを厚塗り…なんて。

でも実は、隠せば隠すほど、「目立たせている」という現象にお気づきですか?

今回は、自分のお肌にぴったりの“明るく見せるベース”を作るポイントをご紹介します。

 

【ポイント1:ファンデーションは全体に均一にのせない】

「ファンデーションはお顔全体に均一にのせる」と思っている方がほとんどだと思いますが、実はこれが「仮面メイク」になる原因。

日頃から「自分の顔」をよく鏡で見て、「キレイな部分」「少しトラブルが出ている部分」などの見分けができるようしておくとGOODです。

お肌の綺麗な部分には、極力少なめのファンデで仕上げるとお顔のメリハリも出てきます。

ちなみに。ファンデーションの種類は、カバー力・仕上がりの透明感が適度にあるリキッドファンデーションがおススメです。人間の肌質に一番近い仕上がりになります。

 

お肌の仕上がりが違う?!明るく見える下地選びのポイント

お肌の仕上がりが違う?!明るく見える下地選びのポイント

 

【ポイント2:下地・プライマーで明るさを】

たくさんの種類があるプライマーですが、肌のトーンをワントーン明るく見せてくれるような自然なツヤ感のあるプライマーがおススメ。プライマーは基本的にお顔全体にのせていきます。

それ自体に「色」がついていない(つけたら透明になるクリームタイプ)もので、光沢感(シャイニーな質感)が演出できるようなモノを使うと、仕上がりのお肌が明るく見えます。

 

 

自分のお肌の色に合ったファンデーションの色選びを!

自分のお肌の色に合ったファンデーションの色選びを!

【ポイント3:譲れないのはファンデの色選び】

ここを間違ってしまうと、すべてが台無しに!

できるだけ直接購入で、手や腕にのせての色選びではなく、フェイスラインに数色、伸ばさずにポンとおいて、「首の色と肌のきれいな部分との中間」の色を選ぶようにします。

お肌を明るく活き活き見せる。

ここでも大切なのは、いかに「自分の観察ができているか」ということ。

自分自身の「素敵素材」を最大限に活かす、そんなベースメイクをしてみてください。

 

ricca(r-color)

記事提供元:AUTHORs JAPAN BEAUTY


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

「アート」「トレンド」「ファッション」「業界」「ケア」などの観点から美容のプロ フェッショナル が、本質的で且つ最新の美容情報・美容コラムを提供|AUTHORs JAPAN BEAUTY(http://beauty.authors.jp/)
  • Grapps
  • 美容・健康
  • ファンデ塗り過ぎてない?お肌を明るく見せるベースの作り方
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。