大人女子のためのWebメディア
検索
2015年10月22日更新

ローズウォーターで秋のモテ肌を作るテクニック

キメの細かいハリのある、滑らかなもちもち肌をゲットできる簡単な方法があります。メイクのノリも良くなるので、乾燥が気になり出すこれからの季節におすすめの美容法です。 必要な材料は、ローズウォーターとグリセリンだけです。ローズウォーターはその名の通り、バラの花びらに水を加えて蒸留したもので、天然の美肌水と言われています。

ローズウォーター

キメの細かいハリのある、滑らかなもちもち肌をゲットできる簡単な方法があります。メイクのノリも良くなるので、乾燥が気になり出すこれからの季節におすすめの美容法です。

 

必要な原料

必要な材料は、ローズウォーターとグリセリンだけです。

ローズウォーターはその名の通り、バラの花びらに水を加えて蒸留したもので、天然の美肌水と呼ばれています。そこに加えるグリセリンは水溶性の液体で、水とすぐに馴染む性質を持っています。化粧水に配合することで、肌に浸透し、しっとりと潤いのある肌質に導いてくれます。

 

ローズウォーターとグリセリンの効能

 

1.保湿効果
グリセリンとローズウォーターのコンビネーションにはダブルで肌の保湿効果があり、 乾燥した肌に潤いを与え、毛穴をキュッと引き締めキメを整えてくれます。紫外線対策にも効果的です。

 

2.肌状態を整える
保湿効果はもちろんのこと、湿疹や皮膚炎などの肌のトラブルに効果的です。また乾燥肌だけでなく、オイリー肌の方にも是非使用して頂きたい保湿剤で、ニキビケア対策にも非常に効果的です。

 

3.PHレベルのバランス調整
お肌のpHバランスを整えることは、美肌キープの鍵になると言われている程、お肌のトラブルを解決してくれます。ニキビや、乾燥、炎症の改善に最適です。

 

4.お肌の若返り効果
グリセリンやローズウォーターはアンチエイジングに効果的なため、高価なアンチエイジング対策の化粧品を買わなくても、シワやシミに有効に働きかけるので、とてもコスパが良いです。

 

また、グリセリンとローズウォーターから、保湿剤、化粧水、クレンジングの3つのスキンケアアイテムを作る事も可能です。200-250mlのグリセリンに対して、100mlのローズウォーターを良く混ぜて、保湿剤や化粧水として使用できます。

今、お使いのクレンジングにこの液体を混ぜることで、メイクや毛穴の汚れもスッキリと洗い上げて、ハリのあるキメの細かい肌に導いてくれます。

 

ローズウォーターを使った美容法、いかがでしたでしょうか。

自分で簡単に作れますので、これからやってくる乾燥の季節の肌対策に是非試してみてくださいね。

 

出典:Better Marche (ベターマルシェ)


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

アメリカで人気のフードブロガーのオリジナルレシピ、セレブが愛用するオーガニックコスメ、日本未上陸のダイエット情報などを発信するウェブマガジン「BETTER MARCHE(ベターマルシェ)」です。 併設のオンラインショップでは、日本未入荷の最新サプリメントやスーパーフードなど幅広いラインナップのアイテムがわかりやすく解説されていて、フレンドリー価格で手に入ります。Better Marche (ベターマルシェ) http://bettermarche.com/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。