大人女子のためのWebメディア
検索

足元冷え性さんに「ふくらはぎ股割トレーニング」

足元がつめたーく感じる感覚、「冷え」を感じる方は理解できると思います。冷たいものに触れたわけでもないのに、なんだか足元が冷たく感じる方。血液の流れが悪いという事がいえます。一日に一度でも、ふくらはぎと骨盤周りの筋肉を使う事は、冷えから身体を守るために必要な事だと思います!!車通勤の方は、運動を習慣にしてみてくださいね。

足元がつめたーく感じる感覚、「冷え」を感じる方は理解できると思います。

冷たいものに触れたわけでもないのに、なんだか足元が冷たく感じる方。

血液の流れが悪いという事がいえます。

 

血液は循環している

血液は心臓から全身に流れて、心臓に帰ってきます。心臓から足の先まで流れてきた血液は、重力に逆らって心臓に戻らなければなりません。血管の中の「血液の流れ」には筋肉が大きな役割を担っているのです。

 

第二の心臓!!

ふくらはぎは、第二の心臓といわれている位、血液を循環させるためにはかかせない筋肉です。ふくらはぎの筋肉が弱かったり、硬かったりすると、血液が滞り、流れが悪い状態をつくってしまうでしょう。血液の滞りは「冷え」の大敵です!!!

 

女性の天敵である理由

下半身の血流が悪いという事は、女性の大切な骨盤周りの血流も悪くなってくるでしょう。

冷えによる生理痛や、腰痛、冷えは妊活にも支障をきたす事です。

そこで今回は、ふくらはぎだけではなく、骨盤周りの筋肉も同時にトレーニングし、全身を温めてくれる筋力トレーニングを紹介します!!

 

ふくらはぎ股割トレーニング

椅子をまたいで、両足を左右に開けます。この時、膝の真下に足首がくるようにします。つま先は、膝と同じ向きを向くよう合わして下さい。

ヨガ

両脚で踏ん張っておしりを浮かせます。

ヨガ2

おしりを椅子から少し浮かせたまま、右足と左足のかかとを交互に20回、地面から持ち上げます。

冷え性に効くヨガ

10回を超えると全身があったかくなってくるでしょう。

慣れてくると30回、50回とふやしてみて下さい。

一日に一度でも、ふくらはぎと骨盤周りの筋肉を使う事は、冷えから身体を守るために必要な事だと思います!!

特にデスクワーク、車通勤の方は、少しづつ、運動を習慣にしてみてくださいね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

高校卒業後、スポーツトレーナーを目指し専門学校へ進学。卒業後、スポーツチーム専属のトレーナーとして10年間活動。NSCA-CPT(全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー)取得。その後、ピラティス・マスターストレッチ・ZUMBA、インドリシケシにてYOGAの資格取得。結婚を機に自身のスタジオを閉鎖し、現在はイタリア在住。Twitter:https://twitter.com/Yokopozzer
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。