大人女子のためのWebメディア
検索
2017年12月08日更新

二日酔いのつらい症状を和らげる効果がある食材と飲み物

忘年会シーズンになり、お酒を飲む機会が増えてきますが、飲み過ぎて後悔する事もたまにはありますよね。今日は、二日酔いになってしまった時に、不快症状を和らげる飲み物をご紹介します。
lgf01a201409171700

忘年会シーズンになり、お酒を飲む機会が増えてきますが、飲み過ぎて後悔する事もたまにはありますよね。今日は、二日酔いになってしまった時に、不快症状を和らげる飲み物をご紹介します。

 

二日酔いは、肝臓の処理能力以上にアルコールを飲み過ぎると、分解されたアセトアルデヒド成分が血中にたまり、胃や頭などに影響を与えるために起こります。続くと肝機能へ負担をかけてしまうので、お酒は適量を心がけ、おつまみや料理と共に楽しく飲んだり、肝機能を高める食材を意識的に取り入れ、上手に賢く楽しみましょう。

 

二日酔いの不快症状を癒す食材を使った飲み物

体内の熱とアルコールを速やかに排出するには、たっぷりの水分とビタミン、クエン酸、果糖が必要です。食欲がなくても摂りやすい飲み物でスッキリさせましょう。

 

・弱った腸の働きを整える「大根」

⇒大根のすりおろし、柚子果汁、昆布茶と合わせ、お湯で割る。

 

・利尿作用があり、浮腫みと熱をとる「きゅうり」

⇒きゅうりをすりおろしてガーゼでしぼる。飲みにくい時は、レモン汁や蜂蜜を加える。

 

・肝臓の働き促すビタミンC、クエン酸を含む「いちご」

⇒いちご、レモン汁、はちみつ、水をミキサーにかけたフレッシュジュース。

 

・肝機能を回復させ、肝臓の働きを強める「しじみ」

⇒胃腸の働きを促し体力を増強させる「味噌」をあわせ、しじみの味噌汁に。お酒を良く飲む人は、シジミエキスがおススメです。

 

・整腸作用があり、喉の渇きを癒す「れんこん」

⇒れんこんをすりおろしてガーゼでしぼる。飲みにくい時は、りんごとレモン汁と合わせてミキサーにかける。

 

・アルコールを分解する「柿」

⇒柿と人参、オレンジと合わせて、ミキサーにかける。お好みでレモン汁やはちみつを加えて。お酒を飲む前に飲むと二日酔い予防になります。

 

いかがでしたか?今回は「二日酔いに効く飲み物」を紹介しましたが、一番大切なことは飲み過ぎないことです。たしなむ程度に、上手にお酒と付き合いましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。