大人女子のためのWebメディア
検索
2015年12月18日更新

ストレスは真っ先にお口に出る!?ストレスとお口の関係

美味しく食べるには、健康な歯や歯肉があり上手に噛めてこそ。年末年始は病院が休診になりますし、お餅で詰め物が取れたなんて事にならないよう、早めに治療を受けると良いですね。

gf01a201502181300

年末は、美味しいものを食べる機会が増えますね。

美味しく食べるには、健康な歯や歯肉があり上手に噛めてこそ。年末年始は病院が休診になりますし、お餅で詰め物が取れたなんて事にならないよう、早めに治療を受けると良いですね。

 

歯周病は妊娠にも影響

歯磨きなどで口内の衛生を保ち、歯ブラシや指で歯肉のマッサージをして血行を良くする事も口内を健康に保つ上で効果的です。近年、全身疾患と歯周疾患の関わりが示唆されていて、早産や低体重の出産は、歯周病の母親が多いという研究もあるそうです。

歳を重ねると歯周病のリスクが高まりますから、定期的に健診を受け、出産を考えている方は、特に気を付けていきたいですね。

 

 

ストレスとお口の関係

歯の不調が多い方は、心身の不調を抱えている方が多いそうです。

私が、心的ストレスが身体に影響を及ぼす事を実感したのは、社会人3年目で仕事を任された時。

ある日、歯が欠けてしまい歯科を受診したら先生に「ストレスで歯ぎしりしてない?」と言われ、思わず涙が溢れてしまいました。忙しくてストレスを抱えている事さえ気付かず、とてもショックな出来事でした。

そして日中も歯を食いしばり、一人仕事だったので文句や言いたいことも言えず、ダメ出しばかりしている自分を(がんばってるんだ)と気付かせるきっかけになりました。

 

歯は食べ物を噛み砕くという役割もありますが、新しい考え方や新しい環境を噛み砕いて同化するという事に関係しています。人は、日中の怒りや緊張を身体の中に溜め込み、寝ている間に様々な形で開放します

歯ぎしりや日中に強く噛みしめてしまう方は、親しい人と話して怒りを解放したり、運動やマッサージなどで心身の力や緊張を緩めると良いでしょう。歯科を受診し噛み合わせを診てもらったり、マウスピースを付けて寝るのも効果的です。

口内を健やかに保ち、心身共に美しく健やかにありたいですね。

 

参考:病気と不調があなたに伝える<からだ>からのメッセージ 自分を愛して!

リズ・ブルボー著


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。