大人女子のためのWebメディア
検索
2018年01月03日更新

女性の大敵!冷え解消♡ぽっかぽか簡単セルフケア

身体の冷えは、女性の大敵!身体を温めると血流が良くなり、免疫力が上がるだけでなく、代謝量が上がるのでダイエットにも繫がる嬉しいことだらけ!今回は自分で簡単に冷えを解消できるケア方法をご紹介します。是非試してみてくださいね。

寒の入りを迎え、寒さ増してきました。身体の冷えは、女性の大敵なのでしっかり養生していきましょう。

身体を温めると血流が良くなり、免疫力が上がるだけでなく、代謝量が上がるのでダイエットにも繫がります。

冷えは、ストレスや自律神経の不調、運動不足による血行不良も考えられるので、適度な運動やウォーキングなどを取り入れて、リフレッシュし、気血の巡りを良くしていきましょう。

身体を温める食品と調理

冷たい飲食物や身体を冷やす作用のある食品の摂りすぎも冷えに影響を与えます。根菜や色のついた食品は、身体を温める作用が高くなります。冷えが気になる時は、黒色(黒米・黒豆・ひじき)、赤色(唐辛子・赤身の肉や魚・小豆)などの食品を加熱調理して食べると身体が温まります。

ハーブ&スパイス、アロマで温める

身体を冷やす作用のある冷たい物やカフェインのある飲み物を控えたり、それらに身体を温める紫蘇、にんにく、生姜などの香味野菜や、唐辛子、シナモン、胡椒などのスパイス、ローズマリー、カモミールなどのハーブを少量加えて摂ると良いでしょう。(シナモンティー、チャイ、緑茶&カモミールなど)  

一日の終わりには湯船に浸かり、お風呂に塩や、ジンジャー、ローズマリー、ジュニパーなどのハーブやアロマを入れるとリラックスでき、血行が良くなるのでさらに効果的です。(体質や妊娠、授乳中には控えた方が良いスパイス、ハーブ、アロマがありますので使用量や使い方に気を付けましょう。)

首を温める

お風呂上りに、靴下を履いて寝る方も多いかと思いますが、寝る時に靴下を履くと足裏にかいた汗が乾かず、冷えてしまうので、寝る時は足首を温めるレッグウォーマーが良いでしょう。

また、冷え症や肩こりの方は、寝る時も首や肩を冷やさないように、お布団の上からバスタオルをかけて寝るといいですよ。

部分ヨガで身体を温める

指ヨガは、「呼吸」と「押す動き」、体の各部位への「意識」という三つを連動させる事で、ヨガと同様の効果が得られる健康法です。心身のアンバランスを修正し、エネルギー(気)の流れやバランス良くし、人間本来がもっている自然治癒力を高め、冷えの症状をやわらげましょう。

冷え性指ヨガ

左:左手のひら 右:左手の甲

出典:beautystyle.jp.msn.com「高麗手指鍼」で用いられる相応図。

 

手首をまわして手首の緊張をほぐします。

指ヨガは、動作と呼吸を合わせながら行いましょう。はじめに行う前に大きく息を吸っておき、しっかりと吐きながら行います。

冷えている部分に相応する部分をこすって、血行を促します。

たとえば、脚が冷えている時は、脚に相応する親指と小指を手のひら側と甲側からこすります。こする回数は、うっすらと赤くなるまでが目安。両手または、片手だけでもOKです。(足が浮腫んだ時にもおススメのやり方です)

 

食べ過ぎも冷えを招く原因になります。お正月ムードから食や生活を切り換え、セルフケアをしながら春に向けて心身共に整えていきましょう。


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。