大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 春はデトックスの季節!春野菜で身体を目覚めさせデトックス
2016年03月18日更新

春はデトックスの季節!春野菜で身体を目覚めさせデトックス

3月は芽吹きの季節。万物のエネルギー(気)が外に向かって発散し始める時期で、「静から動」へ、「陰から陽」に変わる時です。 春は、環境が変わったり、新学期が始まり、新しい仕事を任されたりとストレスを感じやすく、自律神経のバランスが乱れて、心身ともに不調をきたしやすい時期です。

春野菜デトックス

3月は芽吹きの季節。万物のエネルギー(気)が外に向かって発散し始める時期で、「静から動」へ、「陰から陽」に変わる時です。

春は、環境が変わったり、新学期が始まり、新しい仕事を任されたりとストレスを感じやすく、自律神経のバランスが乱れて、心身ともに不調をきたしやすい時期です。

規則正しい生活を心がけ、ウォーキングやストレッチの様にゆったりとした運動を行い、徐々に気を外に発散していきましょう。早起きをして陽の気を取り入れるのも良いでしょう。

 

春野菜で冬に溜め込んだ老廃物を解毒

食生活では、生命力を内包させた春野菜をたっぷりいただくようにしましょう。

特に野草は、人間の生理代謝に欠かせない成分がバランス良く含まれているので、冬に溜め込んだ老廃物などを解毒する働きがあります。春は野草のほろ苦さが美味しく、身体中からシャキっと目覚めさせてくれます。さらにハーブやスパイス、柑橘類、花茶なども合わせて取り入れ、体内の気を巡らせ、リラックスさせると良いでしょう。

 

摂り入れやすい「おすすめ春野菜」

▽ふきのうとう

特有の苦みはポリフェノールの一種で、花の開かない蕾の時が栄養豊富です。

天ぷら、ふきのとう味噌などにすると美味しく食べられます。新陳代謝を促すだけでなく、花粉症の予防にも役立ちます。昔から春にふきのとうを食べておくとその年は、大病しないと言われています。

 

▽菜の花

黄色に咲く花が可愛らしい春野菜の代表。

お水につけて生気を取り戻してから調理するとシャキッとして美味しくいただけます。ビタミンCが豊富で解毒作用や抗酸化作用が高く、免疫力を高めるのでストレスや風邪予防に。

 

▽せり

春の七草の一つ。「せり」は根っこごと食べられます。

ほろ苦さが食欲を増進させ、浄血作用や血行促進、ストレス緩和、解毒・発汗・利尿作用があります。風邪のひき始めや冷え性、浮腫みに。冷え症の方は、葉の部分をお茶パックかガーゼで包み、ハーバルバスとして使用しても良いでしょう。

 

▽よもぎ

『ハーブの女王』とも呼ばれる「よもぎ」。

草餅や天ぷらなどのお料理に。生の方が薬効や香りが良く、鮮やかな緑色と香りで心を和ませてくれます。一度に沢山食べると胃の負担になりますので適量を心がけましょう。生で手に入ったら茹でて、小分けにして冷凍しておくと便利です。

浄血作用や、頭痛や胃痛を抑え、心身の疲労回復効果があります。また、収斂作用や保湿作用、リラックス効果があるので、お茶パックかガーゼで包み、ハーバルバスとして使用しても良いでしょう。

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 春はデトックスの季節!春野菜で身体を目覚めさせデトックス
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。