大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 自然治癒力UP!春のトラブルを和らげるぽっかぽか温熱療法
2016年03月25日更新

自然治癒力UP!春のトラブルを和らげるぽっかぽか温熱療法

桜が開花しましたが、まだまだ寒い日が続いています。冷えは女性の大敵です。野外のお花見などでは、身体を冷やさないように気を付けましょう。羽織物やストール、カイロなどを持参しておくと安心ですね。身体が冷えたら、湯船にしっかり浸かって温まりましょう。

12589161_s

桜が開花しましたが、まだまだ寒い日が続いています。冷えは女性の大敵です。

野外のお花見などでは、身体を冷やさないように気を付けましょう。羽織物やストール、カイロなどを持参しておくと安心ですね。

身体が冷えたら、湯船にしっかり浸かって温まりましょう。塩やアロマ、ハーブなどを入れると血行が良くなり、湯冷めしにくくいのでさらに効果的です。

春は、花粉症によるトラブルだけでなく、イライラしたり、疲労感がとれなかったり、不眠なのどの不定愁訴を感じやすい時期です。また春は、骨盤の開閉が活発になるので、それらも関係しているかもしれませんね。

温熱療法は、血流を良くし新陳代謝を高め、自然治癒力を高める事により不快症状を緩和させます。身体が温まると心まで温かくなります。温熱療法で心身のストレスを和らげましょう。

 

自然治癒力UP!温熱療法

タオルに熱湯をかけ、やけどをしない様にゴム手袋で絞るか、水で濡らしたタオルを電子レンジで1~2分温めたものを用意し、火傷しない程度まで冷まして使用します。

こんにゃくを10分ゆでて、タオルで包む「こんにゃく湿布」や、小豆や穀類を使用したものを電子レンジで温める「ホットパック」でも良いでしょう。お好みでフラワーエッセンス、アロマオイルを使用するとさらに効果的です。

 

▽目の疲れ、頭痛、生理痛に

閉じた目に温めた温湿布を5分ほど当てます。花粉症など春の不調は目に現れやすいとされています。

目を温めると骨盤の動きが良くなるので、生理痛などにも役立ちます。

 

▽鼻づまり、くしゃみ、咳に鼻に

鼻に5分ほど当てます。花粉症状による呼吸器の不快症状には、左右の鎖骨に当てるのも良いでしょう。

 

▽頭痛、肩こり、精神的ストレス、花粉症に

後頭部から首にかけて5分~10分ぐらい当てます。冷めたら替えて行いましょう。不眠の方にもおススメです。

バスタブのヘリを使用し、入浴中に行うとやりやすいでしょう。

 

▽腰痛、生理痛、冷え、便秘

ウエスト~おしりあたりの仙骨に当てます。10~20分ほど、冷めたら替えながら行い、他の部分が冷えないようにバスタオルなどをかけて行いましょう。こんにゃく湿布もおすすめです。生理痛の酷い方は、お腹も温めると良いでしょう。

 

※治療法ではないので、症状が改善しない場合は専門家の指示に従って下さい。


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 自然治癒力UP!春のトラブルを和らげるぽっかぽか温熱療法
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。