大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 春は「肝」疲れにご用心!春の食材でカラダの中から健やかに美し...
2016年03月30日更新

春は「肝」疲れにご用心!春の食材でカラダの中から健やかに美しく

春は、「木の芽時」(このめどき)と言って心身の不調をきたしやすい時期です。暖かくなると行動力が増して意欲的になりますが、寒暖差や環境の変化が自律神経やホルモンのバランスを崩しやすくするので無理は禁物です。お花見や歓迎会などでお酒を飲む機会が増える方も多いと思いますが、飲み過ぎないよう楽しく飲みましょう。

37638763_s

春は、「木の芽時」(このめどき)と言って心身の不調をきたしやすい時期です。

暖かくなると行動力が増して意欲的になりますが、寒暖差や環境の変化が自律神経やホルモンのバランスを崩しやすくするので無理は禁物です。お花見や歓迎会などでお酒を飲む機会が増える方も多いと思いますが、飲み過ぎないよう楽しく飲みましょう。 

 

春は肝が疲れやすい?

春は、「肝」が活発に働く時期です。

「肝」は、肝臓、筋、目や神経など、自律神経や血液、ホルモン、免疫力などに作用するものをいいます。

「肝」の働きを助ける味は梅や柑橘類、酢などの酸味。その他、海草、貝類などの塩辛い味の食材も「肝」の働きを助けてくれます。

春は、美味しい食材が沢山旬のフレッシュな食材をたっぷり頂いて、身体の中から健やかに美しくなりましょう!!

 

酸味の食材

今の時期は、国産の柑橘類が沢山出回ります。外国産の物はポストハーベストの心配があるので、なるべく国産の物を選びましょう。柑橘類や梅、酢に含まれるクエン酸には、疲労回復効果もあるので、疲れた時にもおススメです。

レモンは、抗酸化、坑糖化食品なので、アンチエイジング効果が期待出来ます。

糖化により生み出されるAGEは酸に弱いので揚げ物や加熱調理したお肉や魚を食べる時は、レモンをかけて食べると糖化が防げてより、美味しくヘルシーに。

甘夏など酸味の強い柑橘類は、はちみつに一晩漬けると食べやすくなります。あとは、ドレッシングやソースに使用すると、酸味がまろやかで、風味が良くなるのでオススメです。柑橘類は、ハーブなどと同様に体内の気を巡らせる作用があるので、お料理や飲み物などに意識的に取り入れると良いでしょう。

 

その他、いちご、キウイなども美味しい季節です。いちごはビタミンCが豊富なので美肌保持、ストレス解消、食物繊維が豊富なので便秘予防に効果的です。

ヨーグルトも腸内環境を良くし、免疫力を高めるのでオススメの食材です。蜂蜜やその他の発酵食品と合わせて食べるとさらに効果的です。私のオススメは、塩麹ヨーグルト。旬の野菜を漬ければ、洋風な漬物がたっぷり食べられます。

 

鹹味(塩辛い味)の食材

また、春は貝や海藻などが豊富に出回り、美味しい季節です。

貝類や海藻類は、低脂肪&低カロリー、鉄分やカルシウムが豊富なので、貧血気味の方やイライラしやすい方にも良いでしょう。これから、わかめ、ひじき、青のり、もずくなど生の海藻が沢山出回るので、意識的に取り入れましょう。  


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 春は「肝」疲れにご用心!春の食材でカラダの中から健やかに美し...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。