大人女子のためのWebメディア
検索

目の疲れは老け顔の第一歩!かんたんセルフケアで瞳美人

gahag-0039955659

花粉症や紫外線の影響などもありますが、春は目の不調を感じやすい季節です。

パソコンやスマホの画面を見る事や、人工的なものやモノトーン主体の色の環境に囲まれていると目だけでなく脳も疲労しやくなります。パソコンやスマホの画面を長時間見ない様にし、時々遠方や窓からの景色を見たり、目を閉じて目を休ませる事を意識しましょう。

特に自然の植物達の緑色は、陰影が目に心地よく、気持ちを穏やかにさせる効果があります。

目が疲れていると一気に老け顔になってしまいます。しっかりケアして疲れ知らずの瞳美人になりましょう!

 

目の疲れには「アイブライト」

アイブライト

アイブライトは古くからあらゆる目のトラブルに効果があるとされているハーブです。

パソコンなどによる疲れ目を防ぎ、目の充血を改善する他、鼻や喉の粘膜に働きかけるので花粉症の症状を落ち着かせる為にもおススメです。花粉症の時期は、頭がボーっとする方も多いと思いますが、頭をスッキリさせ記憶力や判断力を高めてくれる働きがあります。

 

アイブライトの使い方

▽ハーブティー
アイブライト3gをティーポットに入れ、熱湯200mlを注ぎ、3~5分抽出し、カップに注ぎます。

 

目の洗浄

余ったアイブライトティーを薄めて、目を洗います。ローズウォーターをお猪口の様な小さな入れ物に入れ、目を当ててパチパチしてあるのもおススメです。天然成分なので安心ですし、スッキリしますよ。

 

アイパック

疲れたらホットタオルを目に当てたり、市販されているホットパックをすると良いのですが、ハーブや茶葉を使用するとさらに効果的です。

冷めたアイブライトティーやローズウォーターをコットンに含ませ、アイパックすると良いでしょう。これらは収斂作用があるので、デリケートなお肌にも優しく作用します。また、使用済の紅茶のティーバックで行うアイパックは目の疲れだけでなく、浮腫みなどにも効果的です。冷めたティーバックを瞼の上に5分置きます。短時間で出来るので、飲み過ぎた翌日の朝に良いですよ。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。