大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 睡眠不足は心身のストレスに!上質の睡眠へ導くかんたんセルフケ...
2018年03月22日更新

睡眠不足は心身のストレスに!上質の睡眠へ導くかんたんセルフケア

19977230_s

春は、環境の変化によってストレスを受けやすい季節です。睡眠不足が心身のストレスにもなります。良質な睡眠を促すための簡単なセルフケア方法をご紹介します。

 

“ほっ”と落ち着く安眠ドリンク

寝付けない時は、心を落ち着かせるカモミールティーや、ホットミルク、サフランミルク(カップ1杯の牛乳にサフランを少量入れ、沸騰直前まで温め、お好みではちみつを入れる)がおススメです。お水を飲んで、深呼吸を3回行うだけでも心が落ち着きます。

 

ぬるめのお湯で入浴

ぬるめのお湯でゆっくり入浴しましょう。後頭部が凝っていると眠りが浅くなるので、首の後ろに蒸しタオルをするのも効果的です。バスタブのへりを使用し、首に温めたタオルを当てて行いましょう。お風呂に入れない時は、部分浴を行なったり、蒸しタオルやホットパックで首の後ろを温めると良いでしょう。

 

おすすめアロマでリラックス〜

▽ストレスや不安をおさめる

ラベンダー、ユーカリ、ネロリ、スイートオレンジ(お子様に)

 

▽心配ごとがあったり、強いストレスに

クラリセージ、ゼラニウム

 

▽寝つきが悪い時に

マージョラム、サンダルウッド、カモミール

 

<使い方>

アロマオイルに塩を混ぜ希釈したものをお風呂に混ぜて入浴したり、アロマポットなどの芳香浴(ろうそくの時は火に注意)や、色のついていないオイルを枕に1滴垂らすとリラックスして眠ることが出来ます。

※アロマオイルは、体調や状況により使用を避けた方が良いものもあります。また垂らし過ぎは逆効果になりますのでご注意下さい。

 

眠れない夜は足に刺激を

▽失眠のツボ

足の裏のかかとのふくらみの中心部分は眠れない時に押すと効果的なツボです。

足の血液循環が良くなり、眠りにつきやすくなります。

指や棒で押したり、ドライヤーの温風を当てて刺激します。

 

▽足裏たたき

神経が高ぶっている時は、握りこぶしで足裏のかかと全体をトントン叩くと高ぶった神経が落ち着きます。

気持ち良く感じる程度の強さで、ゆったりとした気持で1、2分。左右のかかとに行います。

 

▽ふくらはぎを刺激し血行を促す

ふくらはぎは第二の心臓と言われ、心臓から出た血液を再び心臓に戻す役割があります。

眠れない時はアキレス腱が縮んでいる場合が多いので、ふくらはぎ(アキレス腱)をほぐし、血行を良くしましょう。ふくらはぎに蒸しタオルをあてても良いでしょう。

 

避難所などでの不眠やエコノミークラス症候群の予防には、足の指で「グー」「チョキ」「パー」の足じゃんけんを行ったり、つま先立ちでかかとの上げ下げ運動を行うなどのストレッチを意識的に取り入れられると良いでしょう。

また、生活リズムが崩れている方は、日の光を浴びる事でセロトニンが生成され、体内時計がリセットされます。深呼吸して新鮮な空気を体内に取り入れたり、呼吸法を行うのも有効です。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 睡眠不足は心身のストレスに!上質の睡眠へ導くかんたんセルフケ...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。