大人女子のためのWebメディア
検索

梅雨の体調不良、もしかしてそれ“気象病”かも!?

今年も雨が続く、梅雨の季節がやってきました。 気分がどんよりするだけでなく、何かと身体がだるかったり、いまいちやる気がでなかったりしますよね。 こうした身体の不調は、気圧の変化により自律神経が乱れ、副交感神経が優位になることで身体がお休みモード状態になってしまう「気象病」かもしれません。 手軽に摂れるスロージュースを上手に使って、梅雨の時季を乗り切りましょう!

今年も雨が続く、梅雨の季節がやってきました。

気分がどんよりするだけでなく、何かと身体がだるかったり、いまいちやる気がでなかったりしますよね。

こうした身体の不調は、気圧の変化により自律神経が乱れ、副交感神経が優位になることで身体がお休みモード状態になってしまう「気象病」かもしれません。

 

sad woman or teenager girl looking through a steamy car window

気象病の症状

気象病を発症してしまうと、日中でも眠る前のようなリラックスした状態になるため、常に「やる気がでない」「だるい」といった身体の不調を感じやすくなると言われています。

また、気圧が低い状態が続くと、炎症物質(発痛物質)である「ヒスタミン」の分泌が多くなり、肩こりや腰痛、関節痛、頭痛を感じたり、ひどくなったりする方も。

この「ヒスタミン」は身体を緊張させる交感神経を刺激するので、ストレスを感じやすくなり、イライラしたり、緊張や不安を感じたりといった、精神的な不調を感じることもあります。

このように、梅雨の気圧の変化は様々な不調を引き起こしますが、気圧はどうすることもできません。

梅雨の不安定な気候の中で体調を整えるには、食生活の改善が有効。

自律神経を整え、頭痛などの炎症反応を和らげる効果がある栄養素を、毎日積極的に摂ることが大切になってきます。

 

気象病対策おすすめ5大栄養素

ゴールドキウイ

1,ビタミンE

「抗酸化ビタミン」とも呼ばれるほど抗酸化作用が高い脂溶性のビタミンで、細胞を酸化させる活性酸素から身体を守ります。

血流を促したりコレステロール値を下げたりする働きがあるほか、自律神経を正常な状態に導き、症状を緩和しながらホルモン分泌をコントロールする働きもあります。

ゴールドキウイ、キウイ、アボカド、赤ピーマン、大根の葉、抹茶など

 

ニンジン

2,ビタミンA

皮膚や粘膜の構成に関わり、肌をはじめ目や口、鼻、のど、気管支などの粘膜の健康維持に効果の高い、脂溶性のビタミンです。

活性酸素を除去する働きもあり、ビタミンEと同じく「抗酸化ビタミン」と呼ばれています。

乱れた自律神経を整えて「やる気が出ない」などの症状を和らげる作用も。

ニンジン、ほうれん草、小松菜、カボチャ、メロン、スイカ、マンゴーなど

 

アボガド

 

3,マグネシウム

ミネラルの一種で、骨や歯の形成に必要不可欠な栄養素です。

エネルギー代謝、血圧や体温、血糖値のコントロールにも関与しているほか、脳や神経の興奮を鎮め、精神を安定させる働きもあります。

うつ症状を緩和する効果にも期待され、気象病の予防・改善にも役立ちます。

アボカド、ショウガ、枝豆、ソラマメ、バナナ、栗、ごまなど

 

ショウガ

4,マンガン

骨の形成や糖質・脂質代謝に働く酵素や抗酸化に役立つ酵素など、さまざまな酵素の構成成分になり、それらの働きをサポートする栄養素です。

骨や軟骨、皮膚などの健康を保つ重要な役割を果たし、過敏になった神経を和らげ、イライラを鎮めてくれます。

ショウガ、パイナップル、レンコン、たけのこ、しそ、バジル、きんかんなど

 

バナナ

5,必須アミノ酸

筋肉や血液、爪、臓器などを構成する、私たちの身体に欠かすことのできない重要な栄養素の「たんぱく質」は、20種類のアミノ酸の集合体。

そのうち体内で合成されないアミノ酸が「必須アミノ酸」と呼ばれ、そのため食事から摂取する必要があります。

必須アミノ酸は、バリン、ロイシン、イソロイシン、スレオニン、メチオニン、フェニルアラニン、トリプトファン、リジン、ヒスチジンの全9種類。

生命維持に必要不可欠なだけではなく、自律神経を整える働きがあり「お休みモード」から「活動モード」へとスイッチを入れ替える役割も担います。

この時期はとくに積極的に摂取したいですね。

バナナ、アーモンド、大豆食品、枝豆、黒酢、卵、プロセスチーズなど

 

SONY DSC

気象病対策スロージュースレシピ

「キウイジンジャーキャロット」

自律神経のコントロール効果のあるビタミンEが豊富なゴールドキウイと、同じく自律神を整える働きのビタミンAが豊富なニンジン、神経過敏を和らげるマンガンを含むショウガをミックスした、甘さの中にきりっとしたショウガの辛みを感じる大人のスロージュースです。

 

・材料 約200ml程度

ゴールドキウイ (完熟)…2個

にんじん…1本(約200g)

ショウガ…薄切り1枚分(約2.5g)

※スパイス感がお好きな方は薄切り2枚分(約5g)に増やしてもOK。

お好みでパイナップルを加えても美味しくいただけます。

 

・作り方

1, ゴールドキウイは皮をむいて輪切りに、ニンジンはよく洗って皮をむかずに小指の太さほどに切り、ショウガは薄く皮をむいて5㎜幅にスライスする。

2, ジュースキャップを閉じ、ドラム内に材料が溜まる状態にしてからレバーを「Close」にして作動させる。

3, ゴールドキウイ、ニンジン、ショウガの順に入れて搾汁する。

ニンジンは固いため一気に入れると搾汁途中で停止してしまう場合もあるので、少しずつ入れましょう。

よく混ざるまでドラム内で 混ぜ合わせる。

4, 最後に必ずレバーを「半開」の位置に合わせ、ストレーナーに張り付いた絞りかすを排出させる。

(レシピ監修 : フードコーディネーター 音仲紗良)

 

手軽に摂れるスロージュースを上手に使って、梅雨の時季を乗り切りましょう!

 

H-AA
Photo:ヒューロムスロージューサー H-AA(エイチエーエー)

 

・ヒューロム スロージューサーについて

ヒューロムは1974年の創業以来スロージューサーの開発を行っており、2005年に世界初の低速搾汁方式(SST)ジューサー発表しました。

累計販売台数は770万台を突破、世界85カ国で愛用されている(販売台数、展開国数は2016年4月時点)、世界シェアNo.1のスロージューサーブランドです。

※ユーロモニターインターナショナル調べ。2014年小売販売台数ベース。

世界のジューサー市場の71%を構成する10ヶ国(2014年実績値)において、2016年2月〜4月に実施された調査の結果に基づく。

本調査データの使用期間:2017年4月20日まで

使用可能範囲:番組、記事、WEBサイト、SNSなど活用範囲制限無し

HUROM Japan ヒューロムスロージューサー H-AA

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。