大人女子のためのWebメディア
検索
2016年06月28日更新

黒ずみ毛穴の正しいケア方法

ふと鏡で素肌を見たとき、毛穴が気になったことはありませんか? 気になるけどなかなか消えない…どんなお手入れをすれば良いか分からない…そんな方も多いはず。 実は、毛穴には2種類あります。原因もそれぞれ異なります。 1つは「黒ずみ毛穴」、もう1つは「たるみ毛穴」です。 「黒ずみ毛穴」は毛穴に皮脂などの汚れがたまって酸化してできるもの。 「たるみ毛穴」はお肌のハリがなくなり、たるみによってできるもの。 今回は黒ずみ毛穴の正しいケア方法をご紹介します。

ふと鏡で素肌を見たとき、毛穴が気になったことはありませんか?

気になるけどなかなか消えない…どんなお手入れをすれば良いか分からない…そんな方も多いはず。

実は、毛穴には2種類あります。原因もそれぞれ異なります。

1つは「黒ずみ毛穴」、もう1つは「たるみ毛穴」です。

「黒ずみ毛穴」は毛穴に皮脂などの汚れがたまって酸化してできるもの。

「たるみ毛穴」はお肌のハリがなくなり、たるみによってできるもの。

今回は黒ずみ毛穴の正しいケア方法をご紹介します。

 

美女

黒ずみ毛穴の原因

黒ずみの原因は、主に角栓や汚れが酸化して毛穴に詰まることです。

「たるみ毛穴」との見分け方は、お肌を触ってザラつきが気になる場合は、毛穴に汚れがたまっている状態なので「黒ずみ毛穴」です。

角栓とは、皮脂と古い角質が混ざり合って毛穴につまっている状態です。

角栓の70%は古い角質です。

お肌が乾燥したり、肌表面の角層に刺激が加わると、古い角質がたまりやすくなります。

 

黒ずみ毛穴の対策

「黒ずみ毛穴」のケアでやってはいけないのが、時間をかけてゴシゴシこすることと、はがすタイプの毛穴パックをやりすぎることです。

つまってしまった毛穴汚れは、無理矢理取り除くのではなく、やわらかくして溶かし出すことが効果的で、お肌にとっても優しい方法です。

自宅ケアで取り入れやすいのは、洗顔とマッサージです。

朝晩の洗顔で、余分な皮脂汚れやメイク汚れをきちんと落としてお肌をしっかりリセットすること。

寝ている間に皮脂が分泌するので、朝の洗顔もしっかり行いましょう。

洗顔のポイントは、しっかり泡立てること、ゴシゴシこすらないこと。

泡は、1回の洗顔でレモン1個分くらい泡立てます。

手とお肌の間で泡をコロコロ転がすイメージで洗いましょう。

泡を顔にのせる時は、皮脂の多いTゾーンのせるとより効果的です。

マッサージでは、普段のクレンジングや洗顔で取りきれない毛穴汚れを浮き上がらせてくれる効果があります。

お風呂の中だと蒸気によって毛穴が開いている状態なのでより効果的です。

角栓は3日に1回できると言われているので、3日に1回マッサージをするだけでも毛穴がすっきりします。

 

プラスでできるお手入れは、毛穴専用のアイテムを使うことです。

スクラブ入りのオイルやパウダーウォッシュなどで毛穴ケアをするのも良いでしょう。

毛穴ケアのあとの保湿ケアも忘れずに。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。