大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • ダイエット真っ最中!迷える夏の大人女子へ、ビアガーデンを賢く...

ダイエット真っ最中!迷える夏の大人女子へ、ビアガーデンを賢く楽しむ方法

ダイエット中だけど夏を思いっきり楽しみたい!そんな願いを叶える方法とは!?今回は夏の風物詩、ビアガーデンをダイエッターらしく賢く楽しむ方法をご紹介します♡

夏の風物詩となっているビアガーデン。

蒸し暑い中で飲む、冷えたビールは、格別の美味しさ!

しかし、夏だからこそダイエット真っ最中の方も多いですよね。

 

「ビアガーデンの料理は揚げ物が多いし…ダイエット中のお酒は、やはり控えるべき?…でもせっかくならとことん楽しみたい!」

 

そこで今回は、そんな迷える夏の大人女子の悩みを解決すべく、ダイエットも継続、ビアガーデンも思いっきり楽しむ方法をご紹介します!

 

img_107675_1
Photo:atpress.ne.jp

ダイエット中のお酒はNG!?

お酒好きな人にとっては、いくらダイエット中だからといって完全に絶つことは至難の業。

無理してやめたところでストレスになり、ダイエットどころかむしろ逆効果…なんてことにもなりかねません。

それに、大人女子には「付き合い」もありますから、全く口にしないのも難しいのが現実ですよね。

よって、完全にやめる必要はありません!

ストレスも溜めず、ノリが悪いとも思われず、賢く飲むポイントを押さえればOK!

 

img_107675_2
Photo:atpress.ne.jp

自分ルールを決めて楽しく飲もう

例えば、日本酒なら100mlでタンパク質と炭水化物を合計4~5.5g程度含んでいますので、日本酒を飲んだ場合の摂取カロリーは100mlあたり16~22kcalということになります。

同じく100ml換算なら、ビールは14~22kcal、ワインは8~16kcal、ウイスキーや焼酎など蒸留酒は0kcalということになります。

蒸留酒にカロリーがないのは、ビールなど醸造酒との製造方法の違いによりタンパク質も糖質を含んでいないからです。

ですので、ダイエット中のお酒は蒸留酒なら安心ということになるますよね。

ビアガーデン=ビールのイメージが強いですが、ここはダイエット向きの蒸留酒であるウイスキーがペースとなっているハイボールをセレクトしましょう。

それでもやっぱりビールが飲みたい!という場合は、最初の1杯だけ、その後はハイボールや焼酎など蒸留酒にするというような自分ルールを。

ちなみにビールもハイボールも焼酎も苦手…という方、カクテルやチューハイはジュースとほぼ同じです。

甘くて飲みやすく女性に人気ですが、これらは非常に糖質が高いので要注意!

 

ビアガーデンのオススメメニュー

ビアガーデンの楽しみはお酒だけではありませんよね。

みんなでワイワイと飲みながら食べるおつまみは、普段よりもついつい食べ過ぎてしまうもの。

しかし、どんなシチュエーションであれ、ダイエット中だということを忘れずに!

そこで、ダイエット中でもOKなビアガーデンのオススメメニューをご紹介します。

 

・枝豆

大豆には含まれませんが、その若い実である枝豆はビタミンCを含んでおり、悪酔いや二日酔いを防ぐ作用が。

枝豆や豆腐など大豆製品は、必須アミノ酸を多く含んだ良質なタンパク源であり、肝臓の負担を減らしたり修復したりする働きがあります。

タンパク質や必須アミノ酸だけでなく、アルコールの代謝を助けるビタミンB群や、その他のミネラルも豊富に含まれているので、おつまみには最適。

しかも植物性食品ですので、飽和脂肪酸を含んでいない点も◎です。

 

・焼鳥

お酒のおつまみでは、タンパク質を意識的に摂りましょう。

糖質やアルコールを分解しやすくなります。

同じ鶏肉なら、揚げ物である唐揚げやチキンナゲットよりも、鶏肉をシンプルに焼いただけの焼鳥のほうが余計な脂肪を摂らずに済みます。

また、砂糖やみりんの入ったタレではなく、塩をチョイスすることで糖質もオフすることができます。

皮は脂肪が多くカロリーも高めですので避けるのがマスト。

 

・ローストビーフ

高カロリーなイメージを持っている人も多いかもしれませんが、それは大間違い!

大きめを5切れほどで、約200キロカロリーと、意外なほど低カロリーなんです!

その理由は使われる肉の部位にあり。

ローストビーフに使われているのは、脂肪分の少ない牛もも肉がほとんどだからです。

低カロリーで高タンパク、ダイエッターにはぴったりのメニュー。

 

定番ビアガーデンメニューのカロリー

・チキンナゲット 5個 230キロカロリー
・鶏の唐揚げ 1個 70キロカロリー
・焼鳥 1本
(たれ)ねぎま 80キロカロリー/レバー 41キロカロリー/つくね 91キロカロリー/皮 161キロカロリー
(塩)砂肝 34キロカロリー
・枝豆 1個 3キロカロリー
・フライドポテト ファストフードのSサイズ程度の量(74g) 249キロカロリー
・ローストビーフ 5切れ 200キロカロリー
・焼きそば(麺150g) 527キロカロリー
・ピザ 一切れ 200キロカロリー
・パスタ (ナポリタン 乾麺100g) 618キロカロリー
・チャーハン 1人分(225g) 290キロカロリー
・春巻き 1本 90キロカロリー
・シュウマイ 一個 35キロカロリー
・ソーセージ 1本 55キロカロリー

 

お酒を飲むと、アルコール分を代謝・排出するのに大量の水分が必要になります。

二日酔いや、飲酒の翌日のむくみの原因は、そのための水分が足りないこと。

お酒と交互に水を飲むことも忘れずに。

 

どんな時も楽しくストレスフリーに過ごすことが何より重要!

ダイエット中だからといって、我慢するのではなく、ダイエット中なりの楽しみ方を見つけましょう。

 

情報提供元:microdiet.net 「ダイエット中のビアガーデンはビールよりハイボール、唐揚げより焼鳥を選ぶべし!」


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 美容・健康
  • ダイエット真っ最中!迷える夏の大人女子へ、ビアガーデンを賢く...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。