大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 呼吸で変わる!自律神経のバランスを整えて夏の疲れを癒す方法
2016年09月09日更新

呼吸で変わる!自律神経のバランスを整えて夏の疲れを癒す方法

夏疲れ_自律神経

暑い所と冷房の効いた涼しい所の行き来による寒暖差や夏休みの生活リズムの乱れなどから、自律神経のバランスが崩れると、心身共に疲れを感じやすくなります。

 

自律神経のバランスを整える

自律神経系は、ホメオタス維持の為、意志とは関係なく常に働いています。主に内臓や皮膚に分布し、心臓、消化器、血管、汗腺などの働きを調整し、2つの相反する作用を持つ交感神経と副交感神経があります。

交感神経は、身体を活発に働かせ、副交感神経は、睡眠、休養の時に働き、この2つはバランスをとりあっています。

 

バランスが崩れると

自律神経の不調は、この二つの神経系のバランスがとれなくなった時に、疲れる、良く眠れない、汗をかきやすくなるなどの症状が現れます。

自律神経の不調は、ストレス、気候、ホルモンバランス、性格などからストレスを受け続ける事が引き金になります。

現代は、ストレスを感じやすく交感神経が活発になりがちです。副交感神経の働きをUPさせ、ストレスを開放し、自律神経のバランスを整えましょう。

 

呼吸と生活リズムを整える

呼吸と生活リズムを整える事は、自らを整えるだけでなく、周り(自然)と調和する事に繫がります。

ゆったりとした呼吸、動作、自然と調和した生活リズムを心がけると、肉体的な疲れやイライラなど精神的な疲れが軽減されます。

現代人は、呼吸が浅くて速いと言われています。浅い呼吸は、精神的なストレスや運動不足で気が上がっている状態です。イライラすると呼吸が浅くなるので、呼吸をゆったりさせ、気を下げるように意識しましょう。

呼吸は、自律神経の働きと密接に関係し、特に呼気(吐き出す息)は副交感神経の働きを高めます。長く深く吐く事を意識して、心身共にリラックスしましょう。

 

疲れていたり嫌な事があると、下を向き呼吸が浅くなります。吐く事は浄化を促すので、嫌な事があったら呼吸と共に吐き出しましょう。笑顔でいると副交感神経がUPし、免疫力が高まると言われています。疲れたり、嫌な事があった時こそ口角を上げ、リラックスしていきましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 呼吸で変わる!自律神経のバランスを整えて夏の疲れを癒す方法
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。