大人女子のためのWebメディア
検索
2016年10月07日更新

今すぐ取り入れたい!花の色による癒し効果

自らの精神的な状態によって、好みや気になる(欲する)花が変わったりします。花療法(フラワーエッセンスセラピー)において、色はその人の状態を推し量る重要な要素となります。

花の色による癒し効果

バラやコスモスが美しく咲き、金木犀の香りが漂う秋の草花の美しい季節です。

花は、姿かたちや香りで私達を癒してくれますね。同じ品種の花でも成育場所や色によって、印象が変わります。

また、自らの精神的な状態によって、好みや気になる(欲する)花が変わったりします。花療法(フラワーエッセンスセラピー)において、色はその人の状態を推し量る重要な要素となります。

私は、怒りの気持ちが強くなっている時に、赤い花が気になります。以前は、彼岸花(曼珠沙華)のおどろおどろしい赤色が強すぎて嫌いでした。でも歳を重ねるにつれ、あのパワフルさに元気をもらえるようになりました。

 

花の色から受ける作用

ワイルドフラワーエッセンスセラピーでは、花カードというお花の写真を88枚の中から7枚選ぶのですが、色の偏りが出る事があります。簡単ですが、色の特性をご紹介します。

 

・赤

活力を表しますが、過剰だと攻撃的、過小だと弱い、恐怖などを表します。

 

・青

開放や集中を表しますが、過剰だと厳格、過小は、集中できない状態などを表します。

 

・黄色

明るく、楽観的ですが、過剰だと落ち着かず、過小だと悲しみなどを表します。

 

・白

純粋さを表しますが、過剰だと批判的、過小だと視野と向上心の欠如などを表します。

 

秋からは、内面(精神性)に目を向けていく機会が増える時期になります。「今よりももっと成長したい。」そう願う時、白いお花が有効にサポートしてくれるでしょう。

過ごしやすい時期なので自然に咲く草花に触れに出かけたり、活け花を楽しむのも良いですね。部屋に生花を飾れば、人だけでなく部屋の気を調整する作用があります。

花療法(フラワーエッセンス)は、姿かたち、香りという物質的なものではなく、花のエネルギーを使用したもの。

花カードから自分の心身の状態を見つめ直す事が出来ます。詳しく知りたい方や試してみたい方は、ワイルドフラワーエッセンスの花の特性(http://flowerremedy.com/flowerremedy/flowerguide.htmをご覧ください。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。