大人女子のためのWebメディア
検索

2016秋冬に楽しみたい♪オトナのべっ甲ネイル

秋に人気のべっ甲ネイルは遊びゴコロをプラスして♪

74d1f5aa4d22d67e960e8260d5b8e732

ここ数年人気のべっ甲ネイルは、もう定番になっていますね。
古くから愛されているべっ甲柄は、大人っぽく正統派な印象を与えてくれます。べっ甲柄自体はさまざまに作ることができますし、合わせる色などによってもバリエーションを楽しめます。

 

66cf67863eea3a51a297409d0aea0ffc

べっ甲ネイルを作る色としては、イエロー系やブラウン系、黒が基本です。濃いめの色を選べば落ち着いた印象に、薄めの色で作ればナチュラルに仕上がりますし、黄色味を強めて明るくしたり、アンバーや赤味で深みを加えたり、また透け感を出すなど、いろいろなべっ甲柄を作ることができます。

また、何と合わせるかもアレンジの腕の見せ所。赤やネイビー、トレンドカラーのダスティ系など、スタンダードな柄なだけに、合わせるものによってもイメージが大きく変わります。

 

べっ甲柄からインスピレーションを受けた花柄デザイン

e192433f793ba3250a45c143b1124886

べっ甲ネイルにも合わせやすいフラットアートのモチーフがあれば、アレンジがさらに楽しいはず! と思って作ったのが、Re-cue「べっ甲ペタル(花びら)」です。

花びら型にエアブラシで噴いたことで、べっ甲のニュアンスを持たせつつ、透け感と動きのあるモチーフを表現することができました。

 

eecc74808a3bd137ec7029e3158fa34d

「べっ甲ペタル」には、アレンジを楽しんで頂けるように、全部で6種類の花びらを詰め込みました。いずれもべっ甲柄にインスピレーションを受けて描いたものですが、かなり色に幅を持たせました。

 

秋冬のフラワーネイルにもおすすめ♪

53062c633887efdb83a744a443156588

べっ甲色の花びらを噴くのに使った絵の具は、バーントシェンナという黄色味や赤味を含んだレンガ色っぽい絵の具。これにブラックを少し混ぜたものをベースに、さらにブラックも噴き重ねることで、落ち着いた透明感のあるモチーフになりました。

 

他の花びらは、ネイビー、ディープグリーン、ローズ、オーバージーンなどの絵の具に、やはりそれぞれブラックを混ぜた絵の具を使用。べっ甲そのものの色味ではありませんが、ブラックが混ざることで、ほどよくダスティなグラデーションに発色して、落ち着いた統一感を持たせることができました。

それぞれの花びらの色なじみもよいので、べっ甲に合わせるだけでなく、自由に花びらをアレンジして秋冬のフラワーネイルを楽しんで頂けると思います。

 

情報提供元:AUTHORs JAPAN BEAUTY


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

「アート」「トレンド」「ファッション」「業界」「ケア」などの観点から美容のプロ フェッショナル が、本質的で且つ最新の美容情報・美容コラムを提供|AUTHORs JAPAN BEAUTY(http://beauty.authors.jp/)
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。