大人女子のためのWebメディア
検索
2016年11月03日更新

ヨガを取り入れたエクササイズで腹痛を改善しよう

腹痛に悩まされることがどうしても多い女性。しかしPMSや風邪などではない腹痛は鍛えることで、改善できます!今回はヨガのポーズを取り入れたエクササイズをご紹介致します。ぜひ実践してみてくださいね♡

56636491 - woman with stomach pain isolated on white background
 季節に関係なく私たちを悩ませる腰痛。
腰痛の原因には、いろいろありますがその一つとして腹筋と背筋の弱さがあげられます。
今日はその二つを効率的に鍛えるエクササイズをご紹介します。

 

方法

まずマットに四つん這いになります。

膝は腰幅に広げ腰の真下置き、手は肩幅に広げ方の真下に置きます。
この時に背中が反らないように腹筋を使って床と背中を平行にするようにします。

次に、息を吸いながら右手と左足を体がつま先から指先までが一直線になる高さまであげます。
息を吐きながらおろします。
反対も同様に行いましょう。
これを左右10回ずつ行います。
必ず自分の呼吸を意識して練習しましょう。

 

img_0232

 

img_0236

 

ポイント

腹筋と背筋を鍛えるので、手と足を上げる時にこの二つを意識しましょう。
腹筋が使えていないと、背中が反って逆に腰痛の原因となります。
気をつけましょう。
また、手の伸びと足の伸びを感じるように行いましょう。

ただ上げるのではなく双方から、引っ張られているかのように体を床と平行一直線にしっかり伸ばします。

 

効果

このエクササイズを毎日続けていれば腰痛の軽減が期待できます。
バランス感かくを養うのにも最適です。

バランスがとれてくると、ふらつきも少なくなります。

ぜひおためしください!


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

クラシックバレエ歴20年、ニューヨークへダンス留学中にヨガと出会う。 帰国後、インドネシアを中心に旅をし、その後インドにて伝統のハタヨガを修行、インストラクター資格を取得。持ち前の英語力を活かし、インドネシア、ギリ島のリゾートでバイリンガルのヨガインストラクターとして活動を開始。現在は、鎌倉、逗子、東京を中心にフリーヨガインストラクターとして活動中。バレエ、ダンス、スケートボード、ブラジリアン柔術など、自身の経験を元にした、” ライフスタイルに活かすヨガ ” をコアとして教えている。ヨガ以外にもフィルム写真、ネイティブ系のビーズアクセサリー製作、翻訳など多方面で活動中。 全米ヨガアライアンス RYT200認定ヨガインストラクター www.miyufukada.com
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。