大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 良かれと思っているその食事、もしかしたら老化が進むメニューか...

良かれと思っているその食事、もしかしたら老化が進むメニューかも!?

忙しくて時間が無い、ダイエットしているから、大好きなスイーツは外せない!と言って、偏った食生活になりがちになってはいませんか? 偏った食生活は、知らず知らずのうちに栄養不足に陥り、体の中から老化が進むことに。 普段、選びがちなメニューから、体と栄養の問題点を探ってみましょう。

忙しくて時間が無い、ダイエットしているから、大好きなスイーツは外せない!と言って、偏った食生活になりがちになってはいませんか?

偏った食生活は、知らず知らずのうちに栄養不足に陥り、体の中から老化が進むことに。

普段、選びがちなメニューから、体と栄養の問題点を探ってみましょう。

 

20752346 - fresh ingredients for cooking in rustic setting: tomatoes, basil, olive oil, garlic and onion,cabbage,letttuce

老化が進む食事って!?

・惣菜物のおにぎりと春雨スープ

時間が無いと、ついこんなメニューを選びがちですね。

手軽に食べられるおにぎりは、ご飯がたっぷり。

またヘルシーな春雨も、多少のミネラルは入っていますが、そのほとんどが炭水化物。

市販の春雨スープは、塩分の摂りすぎにも注意が必要です。

この2つのメニューパターンでは、炭水化物や塩分方になりやすく、カロリーは低めですが、栄養バランスが良くありません。

栄養バランスの偏りは、疲労感や体力低下、お肌のくすみの原因になりやすくなります。

3大栄養素、副栄養素をバランスよく組み合わせた食事に変更しましょう。

 

・ケーキやスナックをお食事代わりに

お菓子を食べて食事が取れなくなってしまったり、食事の代わりにケーキ屋スナックなどのお菓子を置き換える場合、カロリーは取れていても、十分に栄養が足りていないエンプティーカロリーです。

これでは、ビタミンやミネラル不足で体に必要な栄養素が摂りいれられません。

また、糖質だけとってもエネルギーに変えることができず、貧血や血行不良に陥り、目の下にくまができることも。

糖質の多い食品を摂る際は、血糖のコントロールに注意が必要です。

そこで、白米や白いパン、うどんなどは血糖が急激に上昇しやすいので、野菜やキノコ類、海藻や肉や左官、卵、発酵食品などの血糖が上がりにくい食事を心がけましょう。

 

・キャベツとアンチョビのパスタにサラダとパン

ランチで選びがちなメニューですが、パンもパスタも、原材料は小麦粉。

小麦粉や米と言った生成されたものは、体を作るのに必要なたんぱく質の価値がほとんどありません。

たんぱく質不足は、お肌のハリを低下させ、またパスタやパンは糖質過多になりがちになります。

肌の弾力のもととなるコラーゲンやエラスチンはタンパク質が原料となります。

これでは、ハリのないお肌になってしまうかも。

また、キャベツ(野菜)×サラダ(野菜)は、一見するとヘルシー志向で体によさそうですが、体重は落ちても筋肉はつかず、シワやたるみ、むくみなどを引き起こします。

そのため、キャベツとアンチョビパスタはチキンソテーのトマトソースに変えると良質なたんぱく質が取れます。

筋肉を作るたんぱく質、エネルギー源となる炭水化物、肌の潤いやツヤを保つ脂質と一緒にバランスよく摂りましょう。

 

健康なお肌に必要な栄養素とは!?

〜3大栄養素〜

①炭水化物

脳や体にとって重要なエネルギー源となる糖質と食物繊維の二つが含まれます。

腸内細菌のエサとなるため、痩せやすい乳酸菌が減ってしまう恐れも。

生成された白米おにぎりは、玄米や発芽玄米、麦ごはんなど、ビタミン・ミネラル・食物繊維の多い食品に変えてみるのがおすすめ。

②脂質

油=脂質というと太るというイメージですが、細胞膜の形成、体温を保持する働きが。

美肌成分「セラミド」は脂質の中の必須脂肪酸が原材料。

お味噌汁を油揚げとわかめの味噌汁などにすると、タンパク質だけでなく、脂質・ミネラル・食物繊維などが豊富に摂れます。

③ タンパク質

血液や筋肉、ホルモン、肌や髪など体の原材料となります。

コラーゲンやエラスチンなどの原材料となるため、不足すると肌の弾力と潤いが低下し老化が進む恐れが。

焼き魚をプラスすることで、タンパク質、脂質(必須脂肪酸)、ミネラルも取れます。

 

〜副栄養素〜

①ビタミン

3大栄養素の代謝に関わり、生命維持に必要な栄養素、補酵素。

不足すると、3大栄養素をエネルギーに変えることができず、肌荒れやニキビができやすくなり、お肌の老化も加速してしまう恐れが。

卵は、タンパク質、脂質(必須脂肪酸)ビタミン、ミネラルがバランスよく含まれている黄金食品。

単語や木などにしてお弁当にプラスしてください。

②ミネラル

ビタミンと同じく3大栄養素の働きをサポートします。

体と肌を正常に保る役割を果たします。

海藻や魚介類、豆類に多く含まれているので、納豆などを食品に+するとよいですね。

③食物繊維

腸の働きを活発にして、糖の吸収を穏やかにする働きがあります。

青菜のおひたしにはビタミン、ミネラル、食物繊維が含まれているので、便秘や肌荒れにも◎。

美肌を作る食事は、和食がおすすめ。

ご飯に味噌汁、焼き魚、納豆や漬物と栄養のバランスがいい和食を美肌の宝庫。

つややかなお肌の材料となるたんぱく質や、消化吸収を助ける発酵食品は腸内細菌を増やす効果もあります。

バランスの取れた食事というのは、和食を参考にするとよいですね。

 

手軽なメニューは、どうしても炭水化物をはじめとする糖質や脂質過多陥りがち。

そして、筋肉や血液を作るたんぱく質は不足してしまうことが多いのです。

糖質をエネルギーに変えるビタミンB1や、脂質の代謝に必要なビタミンB2が不足すると、これらが中性脂肪として蓄積されやすくなってしまいます。

そのため、肥満や肌老化を早めることにもつながるそう。

また、カロリーダイエットは体重とともに筋肉量も落ちて老け顔へ一直線。

1品料理だけではなく、できるだけ多くの食品を普段から摂りいれる食生活を心がけて、偏った食事は今すぐ見直しましょう!


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 良かれと思っているその食事、もしかしたら老化が進むメニューか...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。