大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 短期決戦!2週間ダイエットの効果を最大限に高める食事と運動の...
2020年11月10日更新

短期決戦!2週間ダイエットの効果を最大限に高める食事と運動のバランス

残りあと14日間、2週間で絶対に痩せなければ!そんなピンチの時が女性には必ずありますよね。2週間で体重を何キロ落とせる!?炭水化物は食べても良いの!?運動はやっぱりしないとダメ!?2週間で手っ取り早く痩せるコツは!?…そんな女性の疑問をまとめて解決しちゃいます♡2週間ダイエットを成功させる秘訣とは!?

2週間ダイエットの効果

女性には「どうしても2週間で痩せなければならない」時が必ずありますよね。
それは、気になる彼とのデートかもしれませんし、イベント事かもしれません。
もしくは、何か仕事で大切な行事を控えている場合もあります。


ただ単純に食べなければ体重は落ちるかもしれませんが、健康的な美しい身体を手に入れることはできませんし、落ちてほしくない胸から落ちて足は細くならない…その上リバウンドしてしまってダイエットを始める前よりもむしろ体重が増えてしまった!なんてことにもなりかねません。
でも時間がない!! そんなあなたのために「美しく健康的に痩せられる2週間ダイエット方法」をご紹介していきます。

2週間で何キロ痩せられる?目標体重の設定目安

2週間ダイエット痩せる

2週間という短期ダイエットで一体何キロ体重を落とせるのでしょう。
元々の体型にもよるので人それぞれにはなります。
もちろん体重が多い人の方がより体重は減りやすくなります。
まずは自分の体重からどれくらいの目標体重を設定すればいいのか…を知ることから。

 

▼短期集中!最短距離でスリムを目指す方はこちらもチェック▼

短期集中でスリムを目指せる!とSNSを中心に話題の『B.B.B』は、女性らしいボディメイクをサポートする「HMB」とボディキープをサポートする「クレアチン」を黄金比率で配合した、ダイエット時の栄養補給に最適のサプリメント。女性のキレイをサポートする『エラスチン』『コラーゲン』『ヒアルロン酸』『プラセンタ』の4種類の贅沢美容成分も配合。

2週間ダイエット!最短距離でスリムを目指すなら「B.B.B」

 

それにはBMI数値を出すことが一番の目安になるといえます。
BMI数値=体重(kg)÷[身長(m)×身長(m)]


※BMI数値が18.5未満は痩せすぎ、18.5以上25未満が標準、25以上は肥満。

 

肥満の人は15キロも痩せられた!なんていう結果も出ていますが、無理せずに2週間で痩せられる範囲としては3〜5キロが妥当でしょう。
もちろんその目標体重によって頑張り具合も比例してきますが、2週間でストレスにならない程度に痩せるのであれば3キロ目安がちょうどいいと言えます。


人間3キロ体重が落ちると見た目にも効果が現れます。
しかし2週間ダイエットにも他のダイエット方法と同じく停滞期なるものが訪れてしまうんです。
最初の1週間は体重が減りやすいのですが、その後の1週間は停滞期に入りがち。
2週間ダイエットを成功させられるかの鍵は2週間目にリバウンドしてしまわないように気をつけることも大きく影響してきます。

運動しなくても痩せられる?

2週間ダイエットの効果

「痩せる=脂肪が落ちる」ということです。
脂肪と比べて筋肉は軽いので、筋肉が落ち、脂肪になれば体重は減りますが、それでは体力的に衰え、引き締まった美しい痩せ方にはなりません。


ですから、筋肉を落とさずに脂肪を落とすことがポイントとなります。
2週間という短期間で脂肪を落とすには運動は必須。
そして2週間という短期間の中で、最も重要なのは何だと思いますか?
そう、体重も重要ですが何より「見た目」に成果がでなければ意味がないのです。


2週間後に何か大切な用事があるから短期集中ダイエットをする訳ですよね。
他人から見て「見た目」に2週間で成果が出るようにするには、運動は必ず必要なんです。

2週間ダイエットにおける運動のコツ。効果的な有酸素運動と筋トレは

2週間ダイエット

主に有酸素運動と筋トレをメインに行いましょう。
有酸素運動といえばウォーキングやジョギングですよね。
どちらかだけを行うというよりは、どちらとも取り入れることがベストです。


なぜなら毎日のジョギングは身体への負担が大きく、体力的にも厳しくなりがち。
最初は頑張って続けていたとしても、途中からできなくなってしまえば最初の努力は水の泡です。
ただ、ウォーキングと比べてハードな分、ジョギングの方が脂肪燃焼には効果的なので◯キロおとしたいという目標体重と現在の体重の差が大きい方にはジョギングをオススメします。


脂肪燃焼の目安として、1日1時間弱です。
何よりも重要なのは2週間毎日続けること。
目標がマイナス3キロ程度であれば、ジョギングとウォーキングを交互に行いましょう。
また筋トレも2週間ダイエットの運動としては外せません。
無酸素運動と言われる筋トレは、直接的に痩せるというわけではありませんが、筋肉をつけることで代謝が上がり、痩せやすい身体が作られます。


腕立て伏せ、腹筋、スクワットの3つを20回1セットとして行います。


ちなみに腕立て伏せとスクワットは有酸素運動とは違い、1日置きに行った方が効果的なので2つの筋トレのみローテーションします。
腹筋は唯一毎日行って良い筋トレなので基本セットに常に入れておきましょう!
理想の運動順序としては無酸素運動である筋トレ後に、有酸素運動のウォーキングやジョギングを行うというもの。

 

〜2週間ダイエット運動例〜
1日目:腹筋3セット+腕立て伏せ3セット+ウォーキング・ジョギング
2日目:腹筋3セット+スクワット3セット+ウォーキング・ジョギング
3日目:腹筋3セット+腕立て伏せ3セット+ウォーキング・ジョギング
4日目:腹筋3セット+スクワット3セット+ウォーキング・ジョギング

 

これを2週間毎日行います。
「継続は力なり」まさにこの言葉につきます。
また、運動だけでなくストレッチも毎日行いましょう。


ストレッチはダイレクトにダイエットに繋がる訳ではありませんが、痩せやすい身体を作るために効果的です。
やはり身体の芯まで温まっているお風呂上がりに行うのが1番。
毎日湯船に浸かる、そしてお風呂上がりにはストレッチをし、マッサージをすることによって、むくみが解消されるので体重の変化というよりは、見た目の変化に現れます。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 短期決戦!2週間ダイエットの効果を最大限に高める食事と運動の...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。